2018/10/01

今年を代表するゲイ映画、お得な2本立てで限定上映

今年を代表するゲイ映画『君の名前で僕を呼んで』『彼の見つめる先に』が、東京・高田馬場にある「早稲田松竹」にて2本立て上映される。

11月10日(土)~16日の一週間限定だ。

 

 

映画『君の名前で僕を呼んで』は、今年のアカデミー賞・脚色賞を受賞した作品。

 

 

 

 

1983年の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳のエリオが大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと惹かれあっていく様が描かれる、ゲイテーマのラブロマンス映画。

日本でも今年4月に上映し大ヒットした。

 

映画『彼の見つめる先に』は、目の見えない少年レオと、転入生ガブリエルとの甘酸っぱい恋を描いたゲイテーマの青春映画。

 

 

 

 

人を好きなる気持ち、セクシャリティの芽生え、はじめてのキス。

大人の入り口に立つティーンエイジャーの繊細で揺れ動く感情を、ブラジル・サンパウロの降り注ぐ日差しの中でみずみずしく描きだす。

こちらも今年3月に公開された大きな反響を呼んだ作品だ。

 

上映される東京・高田馬場にある名画座映画館「早稲田松竹」では、上映が終了した映画を二本立てで上映する映画館。料金は一般1,300円で2本観るのでかなりお得!

 

ジェンクシーでも度々取り上げた2本だが、もし「上映を見逃した…!!」と思っている人がいれば最後のチャンス。是非チェックしてみて。

 

早稲田松竹|公式サイト

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline