2019/06/17

『クィア・アイ』のジョナサン、ノンバイナリーとカミングアウト

Netflixの人気番組『クィア・アイ』で美容担当を務めるジョナサン・ヴァン・ネスが、ノンバイナリーであることをカミングアウトした。

 

 

Photo via : OUT

 

長髪にヒゲのルックス、いつも明るいオネェ口調で番組1の人気者のジョナサン。

そんな彼は米ゲイ雑誌OUTにて、自身のことをノンバイナリーだとカミングアウトした。

 

「年を重ねて、ますます自分がノンバイナリーだと自認するようになった。私はジェンダーノンコンフォーミング。だから、男性的な気分の日もあるし、女性的な気分の日もある。なんていうか、私のバイブスはいろんなところに拡散しているの」

 

*ノンバイナリーとは、男性でも女性でもない状態。または部分的にそのような状態であるか、それらが混ざり合っている状態。男女二元論の枠組みではないと自分を位置付けること。
*ジェンダーノンコンフォーミングとは、どの性にも分類されないことを指す。

 

「二元化された性別のステレオタイプを崩せる機会があるなら、どんなことでもしたい。ジェンダーは分けたり区別したりするのに使われることが多いけど、そんな社会の構造には馴染めなくなってきた。昔は『私ってすっごくゲイ!』って思っていたけど、小さな男の子や女の子にはありのままの自分をさらけ出してほしいと思っているの」

 

ジョナサンは、「自分がノンバイナリーになるとは思っていなかった!」と話す。

「これまでずっとゲイと思って生きてきたけど、それは自分が”そうならなきゃいけない”と思っていただけ」だと語った。

 

 

この投稿をInstagramで見る

Jonathan Van Nessさん(@jvn)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

Jonathan Van Nessさん(@jvn)がシェアした投稿

 

 

ジョナサンのように、最近はノンバイナリーを公言する著名人が増えている。歌手のサム・スミス、ドラァグレースのヴァレンティーナらだ。

 

最近はLGBTの枠に当てはまらない、さまざまな性別&性的指向が広がっている。

 

関連記事|サム・スミスが「ノンバイナリー」とカミングアウト

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

絶品でフォトジェニックな”上陸系”グルメバーガー

頭皮をデトックス!メンズにおすすめの「頭皮ケア」アイテム

ルッキングを超えるゲイドラマ?──『メリー・アン シングルトンの物語』

今週末はゲイ映画を観よう!ホットな映画をピックアップ

出会い系アプリで「リアル率」をあげるコツ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLE

ご飯デートの穴場は「新宿御苑前」にあり

LOVE

デート3回目の壁を乗り越えろ…!7つのコツを伝授

BEAUTY

GOGOボーイに聞く筋トレ術──サスケ編

LOVE

日本でも増えるPrEPのための「見守りクリニック」とは?

CULTURE

日本が舞台の「クィア・アイ」配信スタート!水原希子、渡辺直美も登場

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline