2019/03/19

サム・スミスが「ノンバイナリー」とカミングアウト

歌手サム・スミスが、自身を「ノンバイナリー」だとカミングアウトした。

 

 

 

 

サム・スミスといえば、オープンなゲイシンガーとして有名。

 

そんなサムはインスタグラムの最新インタビューにて、男性でも女性でもない「ノンバイナリー」、そしてその性別も流動的である「ジェンダーフルイディティ」であるとカミングアウトした。

 

〈ノンバイナリーとは?〉男性でも女性でもない状態。または部分的にそのような状態であるか、それらが混ざり合っている状態。男女二元論の枠組みではないと自分を位置付けること。

 

サムといえば、2017年に英サンデータイムス紙のインタビューで、「自分は男であると同じぐらい女であると思う」と語っていた。

その際はやや曖昧な表現だったが、今回はハッキリとノンバイナリーだと話した。なぜだろうか?

 

インタビューでサムは、ときたま頭の中が女性だと思うようになると語り、その上で真剣に「自分は性別を変更したいのか?」と自問自答するも、答えはNO。

「最近、ジェンダークィアやノンバイナリーの人々の記事を読んだんだ。読んでいるうちに『まじか!これ自分のことじゃん』って気づいたんだ」と、同じ人々の体験談が自身のジェンダーを気付くきっかけになったのだと語った。

 

また、インタビュアーの問いに答える形で「自分は男でも女でもない。その間のどこかに、連続体の上のどこかに浮かんでいるのだと思う」と話した。

 

 

20kg以上のダイエットに成功していたサム・スミス

 

サムは11歳の頃、異常なほどのエストロゲン(女性ホルモン)があり乳房が発達、それに気付いた母親が病院へ連れて行き、治すために脂肪吸引手術を行なったそう。

 

また、昔から肥満体型に悩まされており、数年前に急激なダイエットに成功していたサム。「僕はとても女性的なカラダをしていたんだ」と、自身のコンプレックスを語った。

そのことについて悩み続けてきたが、ようやくノンバイナリーだと自認することで心が軽くなったようだ。

 

最近は、ノンバイナリーを公表する著名人が増えている。

ドラァグレースの人気クイーン、ヴァレンティーナやジンクス・モンスーン、俳優のローズ・マッゴーワンらがいる。

 

関連記事 >> ドラァグレースの人気クイーン「ヴァレンティーナ」、ノンバイナリーとカミングアウト

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが苦手なウケに贈る「アナルセックス」で気持ちよくなる方法

LGBT

LGBTプライドの発祥「ストーンウォールの反乱」とは?今こそ知りたいプライドの歴史

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

梅雨時期もアクティブに遊ぶ!6月のお出かけガイド

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline