2018/06/30

ドラァグクイーンカルチャーを追ったドキュメンタリー『ディヴァイン・ディーバ』日本公開へ

ブラジルのドラァグクイーンカルチャー黎明期を支えた人々を追ったドキュメンタリー映画『ディヴァイン・ディーバ』が、9月1日(土)より劇場公開することがわかった。

 

 

(C)UPSIDE DISTRIBUTION, IMP. BLUEMIND, 2017

 

映画は、1960年代にリオ・デ・ジャネイロの名物シアター「ヒバル劇場」で活躍したドラァグクイーン8人が、50周年を記念して再び集結しライブを開催することにはじまる。

 

カメラは、長い間舞台の仕事から遠ざかり高齢になった彼女らが、再び集結し、四苦八苦しながら演目に挑む姿をとらえつつ、彼女達が活躍した輝かしい60年代のシーンを振り返る。

当時の貴重な歴史映像や写真が織り込まれ、ブラジルのサブカルチャーを紐解く史料的な価値もあり、それは芸能・サブカルチャーのシーンだけではなく、広く社会的な意味も持つ。独裁制社会と戦い、表現の自由を勝ち取ったレジェンド達から出てくる言葉はときに辛辣で、ときにユーモアたっぷり。この自由こそ今の世の中に欠けていることなのではないか、と問いかける。

 

メガホンを取ったレアンドラ・レアル監督は、ナイトクラブのオーナーの孫娘。子供の頃、舞台袖からクイーンたち見ていたレアンドラが、リスペクトを持って記録した監督デビュー作となる。

 

以下予告編(本国ver)

 

 

 

『ディヴァイン・ディーバ』は9月1日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline