2016/07/26

グザヴィエ・ドラン出演作『神のゆらぎ』が劇場公開

final_0526_miraculum_ flyer_in

 

 

オープンリーゲイの若き天才監督、グザヴィエ・ドランが出演する『神のゆらぎ』が、8月6日(土)より劇場公開される。

 

本作は、『It‘s Only The End Of The World(原題)』で第69回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した、今もっとも勢いのある若手実力派監督であり、俳優としての活躍もめざましいグザヴィエ・ドランの出演作品。

 

『神のゆらぎ』は、ドランが「今までやったことがない役どころだったので、ぜひ演じてみたいと思った」と出演を熱望した、秀逸な脚本によるサスペンスタッチのヒューマンドラマだ。

 

 

ストーリーは、エホバの証人である看護師と、末期の白血病を患う婚約者(ドラン)を描く。

老境にありながら情熱的な不倫を続けるバーテンダーとクロークの女。

互いへの失望を偽りながら暮らすアル中の妻とギャンブル狂の夫など、それぞれの選択をした彼らが、いかにして交差するのか。運命を決めるのは、神か、自分か?

 

過去と現在を行き交う、注目のストーリー展開を切り取った珠玉のサスペンス。予告編でチェックしてみてほしい。

 

 

 

 

『神のゆらぎ』

2016年8月6日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督:ダニエル・グルー 脚本:ガブリエル・サブーリン 
出演:グザヴィエ・ドラン、ロビン・オペール、マリリン・キャストンゲ
© 2013Productions Miraculum Inc.
映画公式サイト

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline