2016/05/16

グザヴィエ・ドラン最新作『It’s Only The End Of The World』日本公開が決定

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

It's-Only-The-End-Of-The-World

©Shayne Laverdière

 

オープンリーゲイの若き天才監督グザヴィエ・ドランの最新作『It’s Only The End Of The World(原題)』が、2017年2月11日(土)に日本公開されることが分かった。

 

キャストには、マリオン・コティアールの他、『007 スペクター』のレア・セドゥ、『サンローラン』のイケメン俳優ギャスパー・ウリエルを中心に、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイなど、フランス映画界を代表する超豪華キャストが集結。

 

同作は、劇作家ジャン=リュック・ラガルスの舞台劇「まさに世界の終わり」を基にし、ドランが監督・脚本を手がけている。

気になるストーリーはというと、長い間帰郷していなかった若手の作家が12年ぶりに故郷に帰り、家族に自身の死が近づいていることを告白することで表面化する、家族の葛藤、そして愛、それぞれの生と死を描く瞑想的な物語。

 

 

グザヴィエ・ドランといえば、昨年公開された前作『Mommy/マミー』で、カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、日本でも大ヒットを記録。

その後、カンヌ国際映画祭にて史上最年少審査員抜擢や、ルイ・ヴィトンの広告塔への起用、アデルのヒット曲『Hello』の監督を務めるなど、映画業界のみならずマルチな才能で世界中を虜にしている。

 

また、現在開催中の「第69回カンヌ国際映画祭」にも本作が出展されており、5月22日(現地時間)発表の受賞に期待がかかっている。今後の動向に注目したい。

 

『IT’S ONLY THE END OF THE WORLD(原題)』
公開日:2017年2月11日(土)
監督・脚本:グザヴィエ・ドラン『Mommy/マミー』
キャスト:マリオン・コティヤール、ギャスパー・ウリエル、ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline