2016/07/09

みんなの “ケツ舐め” にまつわる失敗談

ケツ舐めの失敗談

 

 

ゲイ、ストレートなどセクシャリティを問わず、お尻を舐めるのが好きな人もいれば嫌いな人もいるだろう。

 

お尻を舐める行為が上手くいくときはいいが、上手くいかないときは「上手くいかなかった」じゃ済まないぐらい悲惨なことになってしまう。。

以下は、ケツ舐めが思わぬ結末を迎えてしまった失敗談を米VICEメディアから抜粋して紹介したい。

 

 

「ケツを舐めてあげたばっかりに…」ローラ編

 

高校生のころ、いろんなことを試してみたかった私は、当時の彼氏のケツを舐めることにした。最初は気持ち悪がっていた彼も、一回ケツを舐めてあげるとすぐにハマってしまった。

 

彼とは、それから2年間ぐらい付き合ったんだけど、最初のケツ舐め以降、セックスの度にケツ舐めを要求するようになった。ケツ舐めに応じないと仰向けになって足を肩に乗せて、私が折れるまでお尻丸出しでわめく始末。これにうんざりした私は、いろんなことが彼と合わなくなり、結局別れてしまったわ。

 

 

「予告なしで」デイビッド編

 

1週間ぐらいぶっ続けで毎晩パーティーをしていた時のこと。お酒を全部飲み干した僕は、すごくセックスがしたくなったから、グラインダーで数ヶ月やりとりしていた超イケメンマッチョに話しかけて、彼の家で念願のセックスすることになった。

 

彼の家のベッドでイチャイチャしていると、彼がお尻に指を入れてきて、その後にケツを舐めてきた。気持ち良くて感じていると、彼は急に舐めるのをやめて洗面所へ走っていった。すぐにトイレから彼の嗚咽が聞こえてきたよ。

それで何が起きたのか理解した。「やばい…」。そう、彼の口に大きい方をしてしまったようなのだ。

僕は彼が戻ってくるまでただただベッドで呆然としていた。しばらくすると彼がベッドに戻ってきたから僕は彼に「…アレが起きちゃったんだよね?」と恐る恐る聞いてみた。すると彼は「そうだよ」とだけ答えた。僕はいても立ってもいられず「帰るね」と言ってすぐにその場を後にした。

 

帰るときにそっと洗面所を覗いてみると、洗面所のシンクは茶色い汚物にまみれていた。最中に漏れそうな感じが全くなかったから、漏らした僕自身が一番びっくりした。

 

彼を慰めようと、帰り際に服を着ながら「いつか笑い話になるよ」と彼に言ってみたけど、彼の顔はこわばり、許してくれなかったよ。

 

次のページ >> 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline