2017/08/12

SATCのシンシア・ニクソン、NY知事に立候補か?

大ヒットドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)」のミランダ役で知られる俳優シンシア・ニクソン(51)が、ニューヨーク州知事選へ立候補するかもしれない。

 

 

Photo via : Wikipedia

 

シンシアは、自身が出演する新作映画のプロモーションのため、米TV番組Todayに出演。そのなかで、次期ニューヨーク州知事選出馬をにおわせる発言をしている。

 

司会が、「次期NY州知事選に出馬するという噂があるようですが?」と質問。それに対しシンシアは、「その噂は私も知っているわ(笑)」と答えた。

 

彼女が現在の政治で懸念を抱いていること、それはニューヨーク州の教育問題だそう。

「(みんなが私に出馬を求める)その一番の理由は教育のことだと思うわ」と明かした。

 

シンシアといえば、オープンリーレズビアンであり、LGBTアクティビストのクリスティーン・マリノーニと2012年に同性婚。元夫との間に生まれた子供3人を含めた5人家族だ。

 

 

シンシア・ニクソンとパートナーのクリスティーン・マリノーニ

 

そんな自身の子供も通うニューヨークの教育格差に疑問を投げかける。

 

「クモオ氏(現NY知事)は子どもたちを不公平に扱っていると思う。彼は公立学校に反対はしていないけど、教育のために予算を使いたくないよう。だって全米50州のうち、ニューヨークは公平な教育資金のランキングで49位なのよ」

 

「クオモ氏は『他の州に比べて生徒一人当たりの支出額は高額』と言っている。これは確かに事実だけど、実際は裕福な地区の子供たちばかりにお金が使われている。低所得者との教育格差が大きい。最も裕福な学校群と最も貧しい学校群では、生徒一人当たりの支出に1万ドル(約110万円)の差があるんですから。これほど差が広がったのはクオモ氏が州知事に就任してからよ」と、痛烈に批判した。

 

そんなシンシアの意見を受け、司会が「今日ここで出馬宣言しますか?」と質問したところ「それはしないわ」と明言は避けた。

しかしながら出馬を否定もしていないところを見ると、彼女の出馬の可能性も多いにありえると、米各紙は報じている。

 

もしシンシアが出馬してNY州知事になれば、女性で、かつオープンリーレズビアンの州知事となる。

次期州知事選は来年。彼女の出馬に大いな期待が集まっている。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

仕事に潤いを!オフィスライフを快適にするアイテム7選

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

YouTube発ゲイドラマ『東京Neighbors』、シリーズ待望の続

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLE

どっちのゲイライフを選ぶ?ゲイと仕事のカンケイ

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LGBT

ゲイのミスターコンテスト、日本ファイナリストが発表

ENTERTAINMENT

アカデミー賞、ゲイ&レズビアンテーマの映画3作品が受賞へ!

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline