2017/08/15

トム・フォード最新作『ノクターナル・アニマルズ』の日本公開日が決定

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

世界的ファッションデザイナー、トム・フォードの最新作『ノクターナル・アニマルズ』の日本公開日が、11月3日(金・祝)に決定した。

本作は、2009年の映画監督デビュー作『シングルマン』以来7年ぶりの新作とあって、大きな期待が集まっている。

 

主演にエイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホールといった実力派俳優を迎え、愛と残酷さ、復讐と償いのきわどい境界線を揺れ動く心を描きだす。

観たら最後、心のざわめきを抑えることができない、極上の恋愛映画にしてミステリー映画が誕生した。

 

【ストーリー】

主人公スーザン(エイミー・アダムス)は夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。

ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。

 

彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、

それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送ってきたのか。

それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

 
以下予告編。

 

 

 

本作は、第74回ゴールデングローブ賞でアーロン・テイラー=ジョンソンが助演男優賞を受賞、第73回ヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞しており、国際的に高い評価を受けている。

 

トム・フォードの完璧に計算された美しいクリエイションに、名優たちの卓越した演技が光る、この秋話題の恋愛ミステリー映画。

 

本作は11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国劇場公開される。

世界的ファッションデザイナー、トム・フォードの最新作『ノクターナル・アニマルズ』の日本公開日が、11月3日(金・祝)に決定した。

本作は、2009年の映画監督デビュー作『シングルマン』以来7年ぶりの新作とあって、大きな期待が集まっている。

 

主演にエイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホールといった実力派俳優を迎え、愛と残酷さ、復讐と償いのきわどい境界線を揺れ動く心を描きだす。

観たら最後、心のざわめきを抑えることができない、極上の恋愛映画にしてミステリー映画が誕生した。

 

【ストーリー】

主人公スーザン(エイミー・アダムス)は夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。

ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。

 

彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、

それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送ってきたのか。

それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

 
以下予告編。

 

 

 

本作は、第74回ゴールデングローブ賞でアーロン・テイラー=ジョンソンが助演男優賞を受賞、第73回ヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞しており、国際的に高い評価を受けている。

 

トム・フォードの完璧に計算された美しいクリエイションに、名優たちの卓越した演技が光る、この秋話題の恋愛ミステリー映画。

 

本作は11月3日(金・祝)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国劇場公開される。

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline