2022/12/08

日本でPrEP使用者が4倍に急増!(最新調査)

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

新しいHIV予防法・PrEP(プレップ)。

 

ここ1〜2年、出会い系アプリでも「on PrEP」とプロフィールに記載している人が増えたように感じるのは、気のせいではない。

 

実はPrEPの利用者が、ここ数年で4倍に急増していることが分かった。

 

 

 

 

HIV啓発団体「ぷれいす東京」が、9monstersと共同で、ゲイ・バイを対象にしたPrEP調査を実施。

7,850件もの大規模調査から、日本でのPrEPの利用実態が見えてきた。

 

数年で利用者が4倍に!

今回のPrEP調査はじつに3年ぶり。

 

3年前(2018年)に同様の調査を行なった時には、「PrEP使用経験あり」と答えた人は全体の2.2%だったのに対して、今回は8.8%と、約4倍に増えていることが分かった。

 

 

 

 

日本では、ゲイの約10人に1人はPrEPを使っていることになる。

そしてPrEPを知っている人は全体の半数もいるのだから、これは流行っていないわけがない。

 

 

また、海外に目を向けると、欧州でのPrEP利用者は6人に1人(16%)だったり、アメリカにいたっては3人に1人(35%)という調査結果も出ており、海外だとPrEP利用はごくごく当たり前の状態。

 

このペースで行くと、日本もあと数年でかなりのPrEP使用者が増えると予測される。

 

みんなが「PrEP」をはじめた理由、入手経路は?

「PrEPをどうやって入手しているのか」を聞いたアンケートでは、国内ネットが40.8%、海外ネットが39.9%と、ほとんどの人がネット経由で購入をしているよう。

 

特に日本では、PrEPを処方してくれるクリニックが少ないことや、薬を定価で買うと高額なことから、ネット経由で個人輸入をしている人が多いのだろう。

 

 

 

そして「PrEPをはじめた理由」を聞いたところ、61.2%が「相手に頼らず予防したかったから」と答えている。

 

 

 

 

セックスでは、コンドームを付けるのはタチ側なので、タチに予防手段をゆだねていることになる。ウケ側でも主体的に予防手段を持ちたいというニーズが、PrEPを使う動機になっているようだ。

 

また、「PrEPをはじめて良かった点」の項目では、「セックスに対する不安が減った」「HIVを気にせずセックスを楽しめるようになった」「HIV陽性者/陰性者で相手を選ぶことがなくなった」など、全体的にポジティブな内容がつづられている。

 

 

 

もちろん課題点もある。

最大の課題は、PrEP利用で大事な「定期的な診察」をしていないこと。その数は半数にのぼる。

 

PrEPは始める前に検査(HIV、B型肝炎)が必要なのと、3ヶ月に1回の定期検査がマスト。

 

 

 

 

それらを守らずにPrEPを使うのはリスクの高い行為。

今後さらに国内でPrEPが広がる上で、大きな課題となりそうだ。

 

***

 

PrEPに関する調査は、海外の調査が多く、日本では数が少なかった。

 

しかし今回8000件近い大規模調査から、あきらかに日本でPrEPは急速に広がっていることがわかる。

 

その他の詳しいデータは、PrEP in JAPANをチェックしてみて。

 

SPECIAL

こんなタイプにおすすめ!ゲイのための「PrEP」入門

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

ドラァグレース優勝者、台湾総統の前でパフォーマンスを披露!

CULTURE

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

CULTURE

もうチェックした?韓国発・熊系ゲイドラマ『チアーズ』が話題に

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

BEAUTY

筋トレとセックスは「薄毛」に影響する??AGAのギモンを大調査

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline