2015/01/22

あれくらい?って、どれくらい?「単位展」が六本木で開催

1

 

2015年2月20日(金)から5月31日(月)までの間、六本木の東京ミッドタウン・ガーデン内21_21 DESIGN SIGHT にて、企画展「単位展 – あれくらい それくらい どれくらい?」が開催。

 

人、もの、音などそのままでは捉えにくい世界に、一定の基準を設けることによって比較や共有を可能にさせたもの、 それが「単位」。生活をする上で様々な単位を利用し、私達は生活をしている。万国共通の単位もあれば、その土地独 自で広まった単位もある。また、文化が発展して生まれた新しい単位もでてきている。本展は、そんな多種多様の単位 を知り、その単位がつくられたプロセスやモノのデザインを理解することで、単位が生み出された文化や社会を感じ られる空間となっている。

 

我々の日常を『単位』という視点から、見つめ直してみてはどうだろうか?

 

 

 

2

 

3

 

 

 

 

企画展「単位展 ― あれくらい それくらい どれくらい?」

開催期間:2015年2月20日~2015年5月31日(火休館※5月5日は開館)
会場:21_21 DESIGN SIGHT
東京都港区赤坂9-7-6(MAP
☎ 03-3475-2121

入場料:一般 1,000円、大学生 800円、中高生 500円、小学生以下 無料

サイトURL:http://www.2121designsight.jp/program/measuring/

 

参加作家:荒牧 悠、大西麻貴+百田有希/o + h、大野友資、岡崎智弘+Think the Earth、岡田憲一、奥田透也、 華雪、椛田ちひろ、桐山製作所、熊野 亘、佐野文彦+無印良品、造本見本帳(太田泰友+加藤亮介)、ブライアン・ ナッシュ・ジル(Bryan Nash Gill)、ヘルムート・スミッツ(Helmut Smits)、大日本タイポ組合、野老朝雄、冨井大 裕、西本良太、Noritake、マーテン・バース(Maaten Baas)、パーフェクトロン、深津貴之、ヨシタケシンスケ、吉行良平と仕事

 

 

【展覧会チーム】

企画:中村至男/展覧会グラフィック、鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)/会場構成監修、稲本喜則(AXIS)/テキスト、岡本 健/会場グラフィック、菅 俊一/コンセプトリサーチ、寺山紀彦(studio note)/展示構成

企画リサーチ協力:石黒知子、上條桂子、土田貴宏

学術協力:星田直彦
会場構成協力:五十嵐瑠衣
ショップ監修:山田 遊
企画進行:前村達也(21_21 DESIGN SIGHT)

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

ナマには注意!セックスで気をつけるべきポイントとは?

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気YouTuberのケミオ(kemio)、ゲイをカミングアウト

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LOVE

忙しい現代人にこそオススメ。HIVの「郵送検査」がめちゃめちゃ便利

LIFESTYLE

みんなの職業は?年収は?気になる「ゲイたちの仕事事情」

ENTERTAINMENT

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline