2020/04/06

スペイン・グランカナリア島のばえる熊系ゲイバー「ベーレンヘーレ」

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

欧州のゲイツーリズムの人気スポット、グランカナリア島の「マスパロマス」に

旅行しました、がぅちゃんです。

 

現地でゲイタウン化している名物施設の「ヤンボセンター」にある、ご当地熊系ゲイバー「ベーレンヘーレ」を紹介します。

 

スペインのグランカナリア島はゲイツーリズムの人気スポット

スペインのカナリア諸島のひとつに「グランカナリア」という島があります。日本では注目されることがあまりないですが、ヨーロッパの人気観光地であり、ゲイツーリズムにおいてもプレゼンスが高い場所です。

 

 

グランカナリア島のゲイヌードビーチ。

 

グランカナリア島のマスパロマスというエリアでは、レインボープライド「Gay Pride Maspalomas」が毎年開催されています。このエリアの人口はたった3万5千人ほどですが、レインボープライドには約10万人が参加すると言われています。

 

 

レインボープライドの様子。

 

マスパロマスには、ゲイたちの間で名物施設となっている「ヤンボセンター」という場所があります。(表向きは)ショッピングセンターですが、敷地内の店舗のほとんどがゲイ向けの娯楽施設なので、ごりごりのゲイタウンのような環境です。

 

 

ヤンボセンターの夜の様子。

 

ヤンボセンター名物の熊系ゲイバー「ベーレンヘーレ」

 

そんなヤンボセンターにはいくつもゲイバーがあるのですが、熊系ゲイバーとして有名なのが「ベーレンヘーレ/Bärenhöhle」です。ドイツ語で「熊の洞窟」のような意味があります。日本語だと、「くまのあな」みたいに言ってもよいかもしれません。

 

 

店内にディスプレイされた熊のぬいぐるみ。

 

ベーレンヘーレのあるヤンボセンターは(というかグランカナリア島自体)、ドイツからの観光客が特に多いことで有名です。「ドイツ人旅行者の1/3がこの島を訪れたことがある」とさえ言われています。そういった背景があり、ドイツ語に触れる機会も多いです。

 

 

性感マッサージの表記も「スペイン語」「英語」「ドイツ語」。

 

余談ですが、ベーレンヘーレという名前の本物の洞窟が、ドイツ南部の「ゾンネンビュール」という地域に存在します。2万年前にホラアナグマが生息していたことで知らています。なお、ドイツの首都のベルリンには、同じ名前の熊系ゲイバーがあります。

 

 

洞窟の「ベーレンヘーレ」の様子。

 

ベーレンヘーレの外観

ベーレンヘーレはヤンボセンターの大通り(のようなエリア)にあるため、雑居ビルに潜むその他大勢のお店より、圧倒的に目立っています。観光地感がさく裂していたタイレストランとチャイニーズレストランに挟まれていて、見つけやすかったです。

 

 

ベーレンヘーレの外観。英語で「BEAR CAVE」とオーニングに書かれている。

 

レーザーを着たクマのぬいぐるみのイラストが目印。

 

真隣のタイレストラン。

 

ベーレンヘーレの中へ

中に入ってまず印象的だったのが、丹念にデコレーションされた無数の熊のぬいぐるみ。それぞれに年季も入っていたりなんかして、私は入店して秒で愛着がわきました。熊のぬいぐるみに囲まれた洞窟のようなコンセプト(?)が味わえます。

 

 

店内には、落ちついた愛くるしいムードが漂う。

 

カウンター席から見た景色。

 

トイレ周辺の天井。

 

店内のいたるところから「隙あらば熊のぬいぐるみで埋めていこう」といった執念のようなものを感じます。壁側の席(の壁)にも熊のぬいぐるみがデコレーションされていて、もはや背もたれのようになっていました。

 

 

壁側の席。

 

壁側の席の、壁。

 

都合の良いハッピーアワーがある

ヤンボセンターのゲイバーの多くは22時オープンですが、ベーレンヘーレは20時から開いています。22時までの2時間がハッピーアワーで、ビール1杯たった1ユーロ(120円)です。夜の一軒目に特化したようなサービスだったので、重宝しました。

 

 

フィリピンのビール「サンミゲル」のビールサーバー。

 

ビールサーバー越しに見えたゲイポルノのワンシーン。

 

コンドームも無料配布されている。

 

ベーレンヘーレは大人のゲイバー

その内装が、今でいう「ばえる(インスタ映えする)」に値するビジュアルになっているものの、お店は特にそれをウリにしていない様子でした。そういう、平常心でつきつめた故の可笑しみ(?)がユニークで、行くとクセになるゲイバーです。私は現地滞在中、何回も何回も行ってしまいました。

 

 

カウンターの様子。

 

また、ベーレンヘーレは熊系ゲイバーですが、どんなゲイが行っても浮かない雰囲気があります。平均年齢は40代以上といった様子で、落ち着いた環境で飲めると思います。店員さんもフレンドリーでした。なお、ダークルーム(ハッテンスペース)は無いので、そういう意味では、一回もいけませんでした。

 

 

備品にも手を抜かない。

 

Bärenhöhle

店舗情報

 

 

 

がぅちゃんの他の記事はこちら >> 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「HIV検査」は 令和のスタンダード

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「HIV検査」は 令和のスタンダード

CULTURE

ディズニー史上初、ゲイを主人公にしたアニメ作品を公開

LGBT

緊急事態宣言の解除後、飲み屋で気をつけてほしいこと

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LIFESTYLE

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline