2020/05/12

アメリカ・ボストンの地域色が強いゲイフレンドリーレストラン「ディーバー」

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

アメリカ・マサチューセッツ州の州都「ボストン」に旅行しました、がぅちゃんです。

 

この地域ならではのアイリッシュパブで、ローカルの食文化を取り入れた「しゃれたアメリカ料理」が味わえる「ディーバー」。リベラルかつゲイフレンドリーな現地のLGBT事情とともに紹介します!

 

マサチューセッツ州の州都「ボストン」

「マサチューセッツ州/Massachusetts」は、アメリカの東側にある「東海岸/イーストコースト」というエリアにあります。東海岸には、首都のワシントンD.C.や、ニューヨーク州があります。

 

 

ワシントンD.C.の「アメリカ合衆国議会議事堂」。

 

マサチューセッツ州の地域分類は「東海岸」だけでなく、「ニューイングランド/New England」という地方にも含まれます。「ニューイングランド地方」という概念は、日本でいう「関東地方」とか「関西地方」のような概念です。

 

 

赤い部分がニューイングランド地方。

 

そんなマサチューセッツ州の州都「ボストン」は、ニューイングランド地方の中心都市でもあります。日本でいう「関東地方の東京」「関西地方の大阪」のような立ち位置で、国内でも存在感が強い都市です。

 

 

アメリカ最古の都市公園「ボストンコモン/Boston Common」。

 

ボストンのLGBT事情

マサチューセッツ州自体、アメリカで最もゲイフレンドリー(=LGBTフレンドリー)な州の一つです。同国で同性婚を認めた最初の州であり、国内のLGBT史を語る上で欠かせない存在です。

 

 

ボストン・プライド・パレードの様子。

 

都市圏内にはハーバード大学やMIT(マサチューセッツ工科大学)といった世界最高峰の教育機関もあり*、都市の教育水準は高く、風潮もリベラルです。「ゲイフレンドリー」という概念が当たり前に存在しているように見えました。(*厳密には隣町のケンブリッジ)

 

 

レインボーフラッグを掲げていた、ボストンの一般的な住宅。

 

ボストンには、ゲイバーやゲイカフェといったゲイの娯楽施設はたくさんありますが、エロ系は充実していない印象。ゲイサウナやゲイセックスクラブは一件もないので、どうしてもという時は近所のロードアイランド州とかに遠征する人もいるそうです。

 

 

ロードアイランド州・プロビデンスのゲイサウナ「The Mega-Plex」。

 

ボストンは限りなくリベラルで、アライな都市に違いないですが、ゲイタウンではありません。「リベラルであるべき対象がLGBTに限らない」といったフェアなスタンス。エロを求めず、賢く自分らしく、健全に平和に生きたい人にとって最高な都会だと思います。

 

 

カウンタープロテスト「ストレートプライド」の開催地もまた、ボストン。

 

ボストンのゲイフレンドリーレストラン「ディーバー」

ボストン最大の地区「ドーチェスター/Dorchester」に、「ディーバー/dbar」はあります。ドーチェスターはLGBT人口が比較的多く、人種のダイバーシティも多様なことで知られています。

 

 

ディーバーがあるエリアの様子。普通の住宅街。

 

ちょっとしたアジアタウンのようなエリアもある。

 

ディーバーは完全に「一般レストラン」として営業しているので、セクシュアルアイデンティティに関わらず、地元住民もよく訪れます。ただし夜はゲイクラブとして営業しているため、「ゲイフレンドリーレストラン」と認識されています。

 

ディーバーの外観

 

「いかにもアメリカのレストラン」といった佇まい。割と交通量も多い道路沿いに、でーんと駐車場があります。看板には「dbar」と書かれており、ゲイゲイしさは感じられません。なんとなく、日本の国道沿いのファミレス感があります。

 

 

ディーバーの外観。

 

お店のエントランス。

 

エントランス横には料理メニューが掲示されている。

 

内装はアイリッシュパブ

 

この物件はもともとアイリッシュパブだったそうで、それがそのまま、ディーバーのアイデンティティになっています。ちなみに「アイリッシュ」は「アイルランド系」という意味。マサチューセッツ州は、アメリカで最もアイリッシュ系国民が多い州です。

 

 

ダイニングエリア。

 

バーの様子。

 

子供もいる。

 

「ボストンでアイリッシュパブ」というのは、本場ならではのテッパンな組み合わせと言えます。「日本の居酒屋」のような感じでしょうか。ディーバーの存在感を日本で例えると、「料理がしゃれてゲイフレンドリー化したさくら水産」とでも言えるのかもしれません。

 

ディーバーの料理

 

料理は「都会のしゃれたアメリカ料理」といった内容です。「ニューイングランド地方の食文化のエッセンスを取り入れた、現代アメリカ料理」がコンセプトだそうです。ブランチのオムレツにロブスターが入っていたのが印象的でした。

 

 

ロブスターオムレツ。2,090円(19ドル)。

 

ロブスターはニューイングランド地方を代表する食材です。その身をロールパンに挟んだ「ロブスターロール」という料理もあり、周辺地域のマクドナルドでは、期間限定で「ロブスターロール」が販売されたりします。

 

 

マサチューセッツ州のマクドナルドのロブスターロール。1,200円ほど。

 

違和感のない「ゲイフレンドリー」

 

日本ではトイレの表記が一時期話題になっていましたが、ディーバーのトイレはウィットが効いていました。「LGBT」の意味を履き違えたりしていなくて、やりすぎてない感じがボストンらしい、という感じ。

 

 

「どちらでも」「どれでも」という意味。

 

dbar
店舗情報
※ゲイクラブ営業は17時から。

 

 

 

がぅちゃんの他の記事はこちら >> 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「HIV検査」は 令和のスタンダード

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「HIV検査」は 令和のスタンダード

CULTURE

ディズニー史上初、ゲイを主人公にしたアニメ作品を公開

LGBT

緊急事態宣言の解除後、飲み屋で気をつけてほしいこと

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LIFESTYLE

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline