2015/05/12

オーストリア首都ウィーンで『ゲイ信号』が登場!

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

2

 

 

 

オーストリアの首都ウィーンで、ゲイをテーマにした信号が登場し話題になっている。

歩行者信号機の「止まれ」「進め」の表示を、ゲイカップル&レズビアンカップル仕様に大胆チェンジ!既にウィーン市内で10数カ所以上設置しているとのこと。

 

なぜウィーンがこうもゲイフレンドリーな信号を設置したのかというと、今月開催される欧州最大級の祭典『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2015』が開催されるからだ。

昨年のユーロヴィジョンでは『ヒゲ女装』のコンチータ・ヴルストが優勝したことが記憶に新しい。コンチータの優勝により欧州全体でLGBTムーブメントが生まれ、同コンテスト開催地のウィーンではLGBTフレンドリー都市化が進んでいる。

 

 

 

1

 

 

 

ウィーンの都市照明を担当者によると、「ウィーンは偏見の無い都市」をアピールするべく、ゲイ信号を設置しドライバーと歩行者の注意を引きつけたいと話している。

 

世界40カ国が参加するユーロヴィジョンの決勝戦は2015年5月23日に放送予定。今年はどんなドラマが生まれるのか?期待に胸が高まるばかりだ。

 

 

via:reuters.com

 

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気番組『バチェラー』の主役、ゲイをカミングアウト!出演女性たちへ謝罪

LOVE

切れない!事故らない!正しい「シャワ浣」について考えてみた

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

LGBT

ディズニーから、国内はじめての「プライド コレクション」が登場!

CULTURE

40代で映画監督へ!『アンモナイトの目覚め』監督インタビュー

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline