2015/03/31

LGBTが最も多い都市ランキング、1位はサンフランシスコ

2

 

 

米・リサーチ会社最大手のギャラップが、全米50都市中、LGBTが最も多い都市ランキングを発表。第一位はサンフランシスコという結果になった。

 

リサーチは、2012年6月~2014年12月の間に渡って行われ、調査人数374,000人を対象にしており、米国史上最も大規模なLGBTリサーチとなった。上位TOP10ランキングは以下の通り。

 

 

LGBTが最も多く住む全米都市ランキングTOP10

1位:サンフランシスコ(カリフォルニア州)

2位:ポートランド(オレゴン州)

3位:オースティン(テキサス州)

4位:ニューオリンズ(ルイジアナ州)

5位:シアトル(ワシントン州)

6位:ボストン(マサチューセッツ州)

7位:ソルトレイクシティ(ユタ州)

8位:ロサンジェルス(カリフォルニア州)

9位:デンバー(コロラド州)

10位:ハートフォード(コネチカット州)

 

 

第1位のサンフランシスコは、カストロ通りなどのゲイタウンも多く歴史的にLGBT権利活動が活発なことから、最もLGBTが住む都市としては納得の結果だ。サンフランシスコのLGBT人口割合は6.2%という結果になっており、LGBTの平均人口(先進国平均約5%)と比べると多いことが分かる。

 

その他の都市では、カルチャー都市として人気なポートランドが2位にランクイン。マイノリティに寛容なシアトルやポートランドでは、ニューヨークなどの主要都市からのLGBTたちの移住や移民も増えている。

 

また、TOP10以内の約半分をアメリカ西海岸(カリフォルニア、オレゴン、ワシントン)で占めており、ニューヨークなどの東海岸に比べ、LGBTが多く住む(住みやすい地域)ということが分かった。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

ナマには注意!セックスで気をつけるべきポイントとは?

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

FASHION

ゲイとキャンプの関係。METガラのテーマ〈キャンプ〉を紐解く

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

LIFESTYLE

みんなの職業は?年収は?気になる「ゲイたちの仕事事情」

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline