2015/03/31

LGBTが最も多い都市ランキング、1位はサンフランシスコ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

2

 

 

米・リサーチ会社最大手のギャラップが、全米50都市中、LGBTが最も多い都市ランキングを発表。第一位はサンフランシスコという結果になった。

 

リサーチは、2012年6月~2014年12月の間に渡って行われ、調査人数374,000人を対象にしており、米国史上最も大規模なLGBTリサーチとなった。上位TOP10ランキングは以下の通り。

 

 

LGBTが最も多く住む全米都市ランキングTOP10

1位:サンフランシスコ(カリフォルニア州)

2位:ポートランド(オレゴン州)

3位:オースティン(テキサス州)

4位:ニューオリンズ(ルイジアナ州)

5位:シアトル(ワシントン州)

6位:ボストン(マサチューセッツ州)

7位:ソルトレイクシティ(ユタ州)

8位:ロサンジェルス(カリフォルニア州)

9位:デンバー(コロラド州)

10位:ハートフォード(コネチカット州)

 

 

第1位のサンフランシスコは、カストロ通りなどのゲイタウンも多く歴史的にLGBT権利活動が活発なことから、最もLGBTが住む都市としては納得の結果だ。サンフランシスコのLGBT人口割合は6.2%という結果になっており、LGBTの平均人口(先進国平均約5%)と比べると多いことが分かる。

 

その他の都市では、カルチャー都市として人気なポートランドが2位にランクイン。マイノリティに寛容なシアトルやポートランドでは、ニューヨークなどの主要都市からのLGBTたちの移住や移民も増えている。

 

また、TOP10以内の約半分をアメリカ西海岸(カリフォルニア、オレゴン、ワシントン)で占めており、ニューヨークなどの東海岸に比べ、LGBTが多く住む(住みやすい地域)ということが分かった。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気番組『バチェラー』の主役、ゲイをカミングアウト!出演女性たちへ謝罪

LOVE

切れない!事故らない!正しい「シャワ浣」について考えてみた

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

LGBT

ディズニーから、国内はじめての「プライド コレクション」が登場!

CULTURE

40代で映画監督へ!『アンモナイトの目覚め』監督インタビュー

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline