2023/05/29

ゲイの世界的写真家 ヴォルフガング・ティルマンスの個展が開催中

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ドイツ人アーティスト、ヴォルフガング・ティルマンスによる個展「Moments of life」が、東京・表参道の「エスパス ルイ・ヴィトン東京」にて好評開催中。会期は6月11日まで。

 

 

 

 

ティルマンスは、『Purple』などのファッション誌で活躍したのち、2000年にターナー賞を受賞。

 

1980年代よりレイヴやゲイコミュニティのパーティーなど若者文化を題材にした写真作品を発表してきた。

プライベートではゲイをオープンにし、HIV陽性であることも公言している。

 

厳選した21作品が公開へ

今回の個展「Moments of life」では、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトン(FLV)が主催する「Hors-les-mur(壁を越えて)」プログラムの一環として開催されたもの。

 

FLVは、2007年よりティルマンスの作品を収集しており、その数は現在30点を超えるという。本展では、そのなかから厳選された21点が並ぶ。

 

 

Photo via : TOKYO ART BEAT

 

展示作品は、ポートレート、静物画、風景画といった3つのジャンルに大きく分けられる。

 

ポートレートのなかでは、背後から撮影された《Haircut》(2017)や、古代彫刻を思わせるトルソを主題にした《Torso》(2013)、エドゥアール・マネの名作《草上の昼食》を彷彿させた《Summer party》(2013)のほか、鏡面と前景に自身の姿が映り込んだセルフポートレート《London Olympics》(2012)などが展示されている。

 

静物画は、ティルマンスの作品における重要なテーマのひとつ。

 

本展では、オランダ絵画黄金時代のコンポジションを想起させる《Still Life, Bourne Estate》(2000)や、観葉植物や花を被写体にした《Zimmerlinde (Michel)》(2006)《Hanging Tulip》(2020)、Wi-Fiボックスや電気ヒーターを写した現代的な雰囲気が感じられる《Still Life, Bourne Estate II》(2002)、そして2015年の国立国際美術館での個展に際して大阪のホテルでとらえた《Osaka still life》(2015)などが紹介されている。

 

カメラを通じて現代社会のさまざまな側面を切り取りながら、芸術の可能性を追求するティルマンスの作品群。ぜひ会場で体感してみてほしい。

 

ヴォルフガング・ティルマンス「Moments of life」展
会期:2023年2月2日~6月11日
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京(東京都渋谷区神宮前5-7-5)
開館時間:11:00~19:00
入場:無休

 

SPECIAL

こんなタイプにおすすめ!ゲイのための「PrEP」入門

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

ドラァグレース優勝者、台湾総統の前でパフォーマンスを披露!

CULTURE

台湾漫画のTOP3に!ゲイ3人の三角関係を描く話題作『老師!男友還給我』誕生秘話を作者に聞いてみた

CULTURE

もうチェックした?韓国発・熊系ゲイドラマ『チアーズ』が話題に

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

BEAUTY

筋トレとセックスは「薄毛」に影響する??AGAのギモンを大調査

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline