2015/06/08

米国領としては初、グアムで同性婚が可能に

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

米国領としては初となる、グアムで同性婚が公式に可能となった。

 

同法案の可決には、ロレッタ・パンジェリアナンさん(Loretta Pangelianan)&キャサリン・アグエロさん(Kathleen Aguero)の同性カップルが、婚姻届を拒否されたことで訴訟を起こし始まった。

 

グアムでは何ヶ月もの議論の末4月に同性婚解禁を示唆し、今月6月に公式に同性婚を認めた。

なお、婚姻許可証は6月9日から申し込みを開始し、グアム初の同性婚は6月14日に行われると海外誌では報じている。

 

主に2人で同性婚を勝ち取ったアグエロさんは、「愛は勝ち取らなければならない、そして私たちは手に入れることが出来たわ」と喜びを語っている。

 

現在、全米50州中37州で同性婚可能となっており、グアムは同性婚を認めた最初の米国領となった。

 

via : NY POST

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline