2015/03/04

TVドラマ史上最も若い、少年同士のキスシーンが話題に

teen-kiss

 

 

海外人気TVドラマ「フォスター家の事情(原題:The Fosters)」にて、TVドラマ史上最も若い14歳と15歳の少年同士のキスシーンが放送され、全米で大きな話題となっている。

 

 

米・ABC局が放送する「フォスター家の事情」は、女優ジェニファー・ロペスが制作総指揮を務める、同性カップル家族を描いたLGBTファミリードラマ。

 

同ドラマに登場するジュードとコナーは、じゃれあいながらもお互いを意識し、今週放送された回においてキスシーンを見せた。初々しい少年2人のキスシーンは必見。

 

 

 

 

海外TVドラマ「glee」に代表される10代のゲイ役やキスシーンは珍しくなかったが、今回はTV史上最も若い14歳と15歳の少年同士のキスシーンが放送されたとして大きな話題になっている。

キスシーンからも分かるように、ストレートの恋愛ドラマとなんら変わりない、瑞々しい少年2人の恋心にキュンとしてしまう。

 

 

なお、「フォスター家の事情」シーズン1は、日本でも2月27日よりDlifeにて放送スタートしている。気になったら是非チェックしてみてはどうだろうか。

 

 

4

 

 

「フォスター家の事情」

世界中から注目される人気女優ジェニファー・ロペスが制作総指揮を務めるファミリードラマ。警察官ステフ・フォスターと、そのパートナーである副校長のリーナは、ステフの実子と養子に迎えた双子の3人を育てている同性愛カップル。ある日、リーナが施設から、キャリーという少女の一時預かりをすることに。しかしキャリーは、養家で問題を起こして施設に入れられた問題児だった…。

Dlifeにて2月27日より日本放送スタート

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「田舎ゲイあるある」9選

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

台湾、同性婚が正式に閣議決定。アジア初の同性婚可能国に!

ENTERTAINMENT

田亀源五郎による「日本のゲイ・エロティック・アート」を振り返る展覧会

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline