2015/11/16

エル・ファニングがトランスジェンダー役に。話題作『アバウト・レイ』日本公開が決定

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

女優エル・ファニング(17)が、トランスジェンダー役を演じる話題作『アバウト・レイ 16歳の決断』の日本公開が決定した。来年1月22日より全国劇場公開される。

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』は、女性から男性へと性別適合手術を望むトランスジェンダーを描くLGBT映画。主人公レイと、その母親であるシングルマザー、レズビアンの祖母、三人三世代の心境の変化を描くストーリーとなっている。

キャストには、主演のエル・ファニングほか、ナオミ・ワッツがシングルマザー役、スーザン・サランドンがレズビアンの祖母を演じた。

 

 

今回、髪を短くし体当たりで役に挑んだファニングは、「これまで演じたどの役よりも誇りに思っているし、レイという男の子が大好き。」とコメントしている。

 

また、同映画は2006年に大ヒットしアカデミー賞2部門に輝いた『リトル・ミス・サンシャイン』の製作陣が担当。

9月より全米公開し大きな反響を得ているだけに、来年の日本公開が待ち遠しい。

 

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』

2016年1月22日(金)より、TOHOシネマズシャンテ他 全国ロードショー

配給:ファントム・フィルム

© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

 

 

女優エル・ファニング(17)が、トランスジェンダー役を演じる話題作『アバウト・レイ 16歳の決断』の日本公開が決定した。来年1月22日より全国劇場公開される。

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』は、女性から男性へと性別適合手術を望むトランスジェンダーを描くLGBT映画。主人公レイと、その母親であるシングルマザー、レズビアンの祖母、三人三世代の心境の変化を描くストーリーとなっている。

キャストには、主演のエル・ファニングほか、ナオミ・ワッツがシングルマザー役、スーザン・サランドンがレズビアンの祖母を演じた。

 

 

今回、髪を短くし体当たりで役に挑んだファニングは、「これまで演じたどの役よりも誇りに思っているし、レイという男の子が大好き。」とコメントしている。

 

また、同映画は2006年に大ヒットしアカデミー賞2部門に輝いた『リトル・ミス・サンシャイン』の製作陣が担当。

9月より全米公開し大きな反響を得ているだけに、来年の日本公開が待ち遠しい。

 

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』

2016年1月22日(金)より、TOHOシネマズシャンテ他 全国ロードショー

配給:ファントム・フィルム

© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

フランスの新首相、初のゲイ男性に!

LOVE

国内で「PrEP」が承認されるかも? PrEP最新動向をまとめて紹介!

CULTURE

エイズをテーマに、3世代のゲイを描く舞台『インヘリタンス-継承-』が来年2月上演へ

LOVE

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

LOVE

買ってよかった!2023年ベスト「セックスアイテム」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline