2014/12/17

ハプニング続きのマライア、生歌が酷過ぎると話題に

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

マライアの生歌

 

 

永遠のディーヴァ、マライア・キャリー(44)が、歌手人生最大の危機を迎えている。

米テレビ局NBCの生放送で披露した歌声が酷過ぎると、ネットを中心に世界中に広がっているのだ。

 

12月3日、ニューヨークのロックフェラーセンター前で名曲「恋人たちのクリスマス」を歌ったものの、キーを外しまくる、高音が出ないなど、散々なパフォーマンスとなった。

 

 

 

 

「ホイッスルボイス」「7オクターブの美声」で時代を牽引してきたマライアだけに、その変わりようはかなりショッキングだろう。

 

また、先日12月15日にニューヨークで行われたコンサートでは、パフォーマンス中にマライアが付けていた音響機器が落下、その他にも、ライブ中に靴の片方を無くしハイヒールを持って歌うなど、様々なアクシデントに見舞われた。

 

マライアにとって今年は、離婚騒動や子供の親権問題などが重なり、公私ともに泥沼状態の一年だったと言える。

果たして、あの美しい歌声は復活するのだろうか?今後に注目したい。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline