エイズ治療薬を50倍に値上げした「米国でもっとも嫌われた男」をFBIが逮捕

December 19th, 2015

マーティン・シュクレリ

Photo : independent

 

12月17日、米連邦捜査局(FBI)は、証券詐欺の疑いで米製薬ベンチャーのチューリング・ファーマシューティカルズ社CEO、マーティン・シュクレリ(Martin Shkreli)容疑者を逮捕した。

 

シュクレリ容疑者といえば今年8月、エイズ治療薬『ダラプリム』の権利を買収し、値段をこれまでの50倍に値上げしたことで「米国で最も嫌われている男」などと批判が殺到していた人物。

関連記事 >> 米・製薬会社、エイズ治療薬を55倍に値上げし非難殺到

 

今回の容疑は、以前幹部を務めていたヘッジファンドの証券詐欺の疑いで、エイズ治療薬値上げとは無関係とのこと。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

エイズを題材にした映画4選

LGBT

【世界エイズデー】アップルが『レッドカラー』に染まる

ENTERTAINMENT

アラン・カミング、エイズの活動家を演じるコメディシリーズ出演へ

LGBT

米・製薬会社、エイズ治療薬を55倍に値上げし非難殺到

LGBT

ゲイの献血解禁を訴えるキャンペーン動画が凄い!

LGBT

HIV感染者の血液で印刷したメンズ誌が話題に