パッキャオ「ゲイは死ぬべき」自身のSNSに投稿

February 19th, 2016

マニー・パッキャオ

 

 

同性愛差別発言をし、数日前にナイキから契約解除されたばかりの世界的プロボクサーのマニー・パッキャオが、インスタグラムの投稿で再び差別発言を行い、物議を醸している。

 

関連記事 >> パッキャオ、同性カップルを「動物以下」と非難

 

該当する投稿はすぐに削除されたが、ネット上にはすでに投稿のスクリーンショットが出回っている。

 

 

manny2

 

インスタグラムの投稿の要約:

投稿には、同性愛者に対する差別発言を正当化するべく、聖書のレビ記20章13節を引用しながら、「男がもし女と寝るように男と寝るなら、ふたりは忌まわしいことをしたのである。彼らは必ず殺されなければならない。その血は、彼らに帰ってくるだろう。」と記載している。

 

 

パッキャオは、今年4月に引退試合が予定されており、その後はフィリピン上院議員に選出されるべく選挙活動を行っている。

 

非難を浴びているパッキャオだが、マニラ大学ベニト・リム政治学教授は、「パッキャオは世界中のLGBTを敵に回したが、彼らは少数派であり、フィリピンでの地元人気に大きな影響はないだろう」と、当選の可能性が高いと分析している。

 

LGBT権利に関してあまりにも鈍感すぎる世界的ボクサーパッキャオ。今後の動向に注目が集まっている。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ナイキ、パッキャオの同性愛差別発言をうけ契約解除へ

LGBT

パッキャオ、「同性カップルは動物以下」発言をすぐさま謝罪

LGBT

ボクシング世界王者パッキャオ、同性カップルを「動物以下」と非難

LGBT

「LGBTを­­排除するとどんな損失が生まれる?」国連によるLGBT支

LGBT

自然界に存在する、ゲイ&バイセクシャルの動物たち

LGBT

海老名市議が差別発言「同性愛者は異常動物」ネットで大炎上