2016/02/18

ナイキ、パッキャオの同性愛差別発言をうけ契約解除へ

Manny-Pacquiao

ナイキとパッキャオのコラボレーション:Photo via Nike

 

2月17日(現地時間)、スポーツ用品最大手のナイキ社は、プロボクサーのマニー・パッキャオの「同性愛カップルは動物以下」発言をうけ、契約解除を発表した。

 

関連記事 >> パッキャオ、同性カップルを「動物以下」と非難

 

今週はじめ、ボクシング8階級制覇の世界王者パッキャオが、地元テレビ局のインタビューにて「動物は男か女か判断できるだけ(同性愛者より)マシだよ」「もし男同士、もしくは女同士で結婚するなんて動物以下さ」と差別発言を行い、大きなバッシングを受けていた。

 

 

そんなパッキャオの差別発言に、ナイキがスポンサー契約を打ち切る制裁にでた。

 

ナイキは、「パッキャオのコメントは忌まわしいものだと感じている。我々はいかなる差別にも厳重に抗議し、LGBTコミュニティーを支援している」と声明を発表した。

 

ナイキといえば、昨年の米プライドパレードにて、LGBT支援を掲げるコレクション『BETRUE COLLECTION(ビートゥルー・コレクション)』を発表するなど、積極的なLGBTサポートを行っている。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「田舎ゲイあるある」9選

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

台湾、同性婚が正式に閣議決定。アジア初の同性婚可能国に!

ENTERTAINMENT

田亀源五郎による「日本のゲイ・エロティック・アート」を振り返る展覧会

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline