イタリア上院、同性婚に相当する「シビルユニオン」可決。伊首相「歴史に残る日」

February 26th, 2016

Italy-Gay-Civil-Unions

<2/26 21:50 修正・加筆>

 

2月25日、イタリア上院議会は、同性婚に相当するパートナーシップ法案「シビル・ユニオン」を賛成多数で可決した。

議会での採決の結果は、賛成173、反対71の圧倒的多数で可決。

 

「シビル・ユニオン」とは、同性同士のカップルに対しても「法的に権利の承認されたパートナーシップ関係」となる法律で、結婚と同様にパートナーの居住許可、パートナー姓への変更、遺産相続などの法的権利が認められる。

しかし、通常シビル・ユニオンでは同性パートナーへの養子縁組も認められているが、今回の法案には含まれておらず、現地LGBT団体らが抗議をしている。

 

イタリアは、西欧主要国の中で唯一、シビル・ユニオンの無い国だった。

それもそのはず、同国はカトリックの総本山バチカン市国(ローマ法王)があることから、同性婚やパートナーシップ権利は長年タブー視されていた。

 

今回のシビル・ユニオン決定に対して、伊レンツィ首相は「歴史に残る日」と述べている。

 

同法案は今後、下院を通過する必要があるが、レンツィ政権は下院で上院以上の過半数を握っていることから、下院通過はほぼ確実といわれている。法案は2ヶ月以内に可決される見通し。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

沖縄県那覇市、同性パートナーシップ制度開始。全国で5例目

LGBT

「LGBTを­­排除するとどんな損失が生まれる?」国連によるLGBT支

LGBT

台湾史上初の女性総統が誕生。台湾の同性婚実現に前進

LGBT

ギリシャにて、パートナーシップ法案が可決

LGBT

アメリカ、同性婚解禁により経済効果が975億円に上る

LGBT

世界初、スペインにてゲイの警察官同士が同性婚