東京・中野区、「同性パートナーシップ制度」開始へ

May 8th, 2018

東京・中野区にて、同性パートナーを婚姻同等のパートナーと認める「同性パートナーシップ制度」がスタートすることがわかった。

 

 

 

 

5月8日、オープンリーゲイの中野区議員・石坂わたる氏がブログで公表。

 

ブログによると、中野区議会総務委員会において同性パートナーシップ制度についての報告があり、区が要件を満たしていることを確認の上、宣誓書等受領証を交付するそうだ。

同制度は、世田谷区等の同性パートナーシップ宣誓書受領証に近い形となる。

 

今後の流れとしては、今年7月に区議会総務委員会に最終的な内容を報告、8月に宣誓申込受付を開始するとのことだ。

 

人口32万人を超え、ゲイも多く住む中野区で「同性パートナーシップ制度」がスタートすることはとても意義深い。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

過去最多14万人が来場!「東京レインボープライド 2018」を振り返ろ

LGBT

オーストラリアでLGBTの祭典「マルディグラ」が開催。同性婚の合法化後

LGBT

大阪市「同性パートナーシップ制度」検討へ。市長が公言

LGBT

「同性パートナーシップ制度」をテーマにした楽曲、やる気あり美がリリース

LGBT

キリン、「同性パートナー」や「トランスジェンダー従業員」の制度を新追加

LGBT

資生堂、同性パートナーを配偶者として認める。社内規定にて