世界初『トランスジェンダーのビール』が誕生

November 6th, 2015
Photo : BrewDog

 

 

英・スコットランドのクラフトビール「ブリュードッグ(BrewDog)」が、史上初となるトランスジェンダービール『No Label』を発売し話題になっている。

これは雌から雄へと性別が変わる”トランスジェンダー”品種のホップを使ったもので、同試みは世界初となる。

 

一般的にあまり知られていないが、ビールの原料となるホップは通常雌株のみを使用している。ホップは受精をすると苦味や香りが劣化する為、雄は全て排除し、雌株の花のみを使用する為だ。

 

今回発売される『No Label』は、収穫以前に雌から雄へと花の性別が変わるホップ「ジェスター」を使用し醸造。この種は成長過程で性別が変わる為風味が変化するが、同社では多様性をテーマにそのまま使用し醸造。

同社によると、「No Labelは、既存の性別や枠にはまらない、トランスジェンダービールです。」「ビールも人間と同じで、何にでもなりたいものになれるということです。」と語っている。

 

また、同ビールは、LGBTイベント団体(Queerest of the Queer)と共同開発をしており、ビールの売り上げは全額、トランスジェンダーを支援する団体に寄付される。

 

同商品は11月4日より発売され、ブリュードッグ公式サイトから日本へも注文可能だ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

視覚障害者のゲイ&レズビアンの為の「点字ポルノ」が登場

FASHION

マーク・ジェイコブス「女装とトランスジェンダー」の違いを語る

LGBT

トランスジェンダー男性、3年間自撮りし「女の子から男になるまで」をまと

LGBT

世界初、スペインにてゲイの警察官同士が同性婚

FASHION

世界初、トランスジェンダー専門のモデルエージェンシーが誕生

LGBT

メンズ誌史上初のトランスジェンダーが表紙になるか!?