ティム・クック、8000人のアップル従業員を率いて米プライドパレードに参加

July 2nd, 2015

 

 

6月29日、米・サンフランシスコで開催されたプライド・パレードにて、アップルCEOのティム・クックが、同社の8000人の従業員を率いてパレードに参加したことが分かった。

 

6月26日の全米同性婚合法化を受け、例年以上の盛り上がりを見せたプライドパレード。

今年は、グーグル、フェイスブック、ウーバーらメジャーカンパニーがパレードに参加。いずれの企業も数百人単位の参加だったが、アップル単体で8000人の参加は異例ともいえる大規模なものとなった。

 

クックは自身のツイッターにパレード参加の写真をアップし、「アップル社員、友人、家族の8000人を超える人々とパレードを祝えることを誇りに思う。ハッピー・プライド!」とツイートした。

 

 

 

 

ティム・クックは、フォーブス誌の世界上位500企業の中で、ゲイであることを公言している唯一のCEO。米ゲイ雑誌OUTが選ぶ『最も影響力のあるパワーゲイ』ランキングでも1位を得ている、名実ともに世界一のパワーゲイだ。

 

また、クックは今年6月、日本円にして8億円以上をLGBT支援団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)に寄付するなどし、積極的にLGBT支援活動を行っている。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

【祝!アメリカ同性婚】メジャーカンパニーのロゴがレインボー仕様に!フェ

LGBT

【祝!アメリカ同性婚】LGBTセレブ&著名人からのお祝い投稿一挙紹介

LGBT

ティム・クック、8億円以上をLGBTチャリティーへ寄付

LGBT

アップル、Facebook、アマゾン、ディズニーら計379社が同性婚支

LGBT

アップル新iOSにて、同性婚や人種など、多様性に富んだ絵文字の導入へ

LGBT

アップルCEO ティム・クックが公にカミングアウト