October 3rd, 2018

キューバ、同性婚合法化なるか?改憲案があきらかに

社会主義国のキューバにて、同性婚が合法化されるかもしれない。

キューバでは現在改憲の草案が出されているが、その草案の中で同性婚の可能性を示唆しているそう。

 

 

 

 

同国共産党の機関紙(Granma)によると、現在の憲法では、「婚姻は男女の自発的な結びつき」に限定しているが、改憲案では、婚姻は「自発的で合意に基づいた両者の結びつき」と定義しており、婚姻における性別は触れていない。

要するに同性同士でも結婚ができるということだ。

 

国会委員会が作成したこの改憲草案は、今月23日に国会で採決が行われる予定。

その後決まれば国民投票にかけられるそうだ。

 

このように、婚姻を生物学上の”男女”に特定せず、”両者の合意”に法改正する国が増えている。

現状日本の法律も”両性の合意”に基づくと明記されているが、これを両性→両者に変えるだけで事実上同性婚ができるのだ。

 

もしキューバで同性婚が合法になれば、社会主義国ではポルトガルに次ぐ世界で2番目の同性婚可能国となる。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

日本初、血縁関係がなくても入れるお墓「ペア墓」。同性カップルにも最適

LGBT

史上初、英ロイヤルファミリーが同性婚!幸せあふれる写真をインスタに投稿

LGBT

インド、同性愛が合法に

LGBT

オーストラリア、公式に同性婚を認める。世界で26番目!

LGBT

イアン・ソープ、彼氏とオーストラリアの同性婚キャンペーンに出演

LGBT

台湾、同性婚を認める!アジア初!