2018/01/11

インドのゲイ王子、宮殿内にLGBTQ支援のセンター設立へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

いまだに同性愛が違法であるインドにおいて、有名なゲイ王子、マンヴェンドラ・シン王子が、自身の宮殿内にLGBTQ支援のセンターを設立すると発表した。

 

 

 

 

マンヴェンドラ・シン王子は、インドで最も古い王族のうちの1人。

2006年にゲイであることをカミングアウトし、インドのLGBTQ権利運動を率いるリーダー的存在だ。

 

関連記事 >> インドのゲイ王子が力強いメッセージ。「特別扱いではなく、みんな愛を求めている」

 

そんな王子は、グジャラート州ラジピプラにある自身の宮殿内に、セクシャリティを理由に迫害されたLGBTQを受け入れるセンターの設立を発表した。

 

ロイターによれば、宮殿内の約6万平米の敷地を宿泊施設に改装すると同時に、医療施設、英語など外国語を学べる職業訓練施設を設け、センターに駆け込むLGBTQの就業支援を行うとのこと。

 

王子は、「彼ら(LGBTQ)の居場所はどこにもなく、自分自身をサポートする術もない」とセンターの必要性を語り、「わたしは子供を持つつもりはないし、インドのLGBTQのためにこのスペースをうまく活用したい」と話している。

 

2017年8月、インドの最高裁はLGBTQの人々が自らの性的指向を表現することを公式に認めた。ただし、同性間の性交渉は依然として違法のまま。

 

王子はこれまで、ゲイとHIV支援の団体を立ち上げたり、米有名TV番組「オプラウィンフリーショー」への出演や、各国のニュースメディアに積極的に露出し、インドの現状を訴え続けている。

 

今回のセンター設立で、インドのLGBTQを取り巻く環境が改善することを願うばかりだ。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気番組『バチェラー』の主役、ゲイをカミングアウト!出演女性たちへ謝罪

LOVE

切れない!事故らない!正しい「シャワ浣」について考えてみた

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

LGBT

ディズニーから、国内はじめての「プライド コレクション」が登場!

CULTURE

40代で映画監督へ!『アンモナイトの目覚め』監督インタビュー

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline