2018/11/22

「家庭によって味が違う」 台湾、醤油メーカーの同性婚CMが素敵すぎると話題

目頭が熱くなる…

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

台湾の醤油メーカー「金蘭醤油(KIMLAN)」が、レズビアンの家族をテーマにしたCMを公開。大きな反響を呼んでいる。

 

「金蘭醤油」は台湾醤油の代名詞的存在で、創立60年を超える老舗メーカー。

そんな同社は、11月24日に行われる「同性婚の是非を問う国民投票」に向けた応援CMを公開した。

 

CMの冒頭、ママと娘が仲良く家路につく様子が描かれており、よくある家族の光景と思わせる。

 

 

 

 

CM後半、家に帰ってきたのはパパかと思いきや・・・もう一人のママだった!

 

 

 

 

二人のママと娘。しかし、何も特別なことはない。

どこにでもある、ごくごく”ふつう”な家族の食卓が描かれる。

 

 

 

 

CMは、以下のナレーションで締めくくられる。

 

「家庭によって料理の味は異なります。濃かったり、薄かったり、ちょっと特別だったりもしますよね」「テーブルに愛がある限り、誰もが味わうことができる幸福の味がそこにはあります」

 

これは家庭によって味付けは違うし、家庭の定義は家庭によってそれぞれ違うよね、でもそれは特別(Special)なことなんだよ。と、醤油と同性カップルを掛けた秀逸なナレーションだ。

 

CMは台湾語/英語字幕だが、見ただけでストーリーと同性カップルの温かさが伝わってくる。以下必見。

 

 

 

 

ちなみに、CMに登場する女優Ke Huan-Ruは、台湾で公開中のゲイ&レズビアン映画『BAOBAO 親愛的卵男日記』で主演を務めており、同じくレズビアンカップルを演じている。

*同作は来年日本公開予定。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline