2016/01/12

『デス妻』の俳優チャーリー・カーヴァー、ゲイをカミングアウト

charlie-carver

Photo via : advocate

 

TVドラマ『デスパレートな妻たち』で知られる米俳優チャーリー・カーヴァー(Charlie Carver)が、ゲイであることをカミングアウトした。

 

チャーリーは自身のインスタグラムにて長文を投稿しカミングアウト。

 

 

 

Pt 1: “Be who you needed when you were younger”. About a year ago, I saw this photo while casually scrolling through my Instagram one morning. I’m not one for inspirational quotes, particularly ones attributed to “Mx Anonymous”- something mean in me rebukes the pithiness of proverbs, choosing to judge them as trite instead of possibly-generally-wise, resonant, or helpful. And in the case of the good ol’ Anonymous kind, I felt that there was something to be said for the missing context. Who wrote or said the damn words? Why? And to/for who in particular? Nonetheless, I screen-capped the picture and saved it. It struck me for some reason, finding itself likeable enough to join the ranks of the “favorites” album on my phone. I’d see it there almost daily, a small version of it next to my other “favorites”; I’d see it every time I checked into the gym, pulled up a picture of my insurance cards, my driver’s license…. Important Documents. And over the course of about-a-year, it became clear why the inspirational photo had called out to me. As a young boy, I knew I wanted to be an actor. I knew I wanted to be a lot of things! I thought I wanted to be a painter, a soccer player, a stegosaurus… But the acting thing stuck. It was around that age that I also knew, however abstractly, that I was different from some of the other boys in my grade. Over time, this abstract “knowing” grew and articulated itself through a painful gestation marked by feelings of despair and alienation, ending in a climax of saying three words out loud: “I am gay”. I said them to myself at first, to see how they felt. They rang true, and I hated myself for them. I was twelve. It would take me a few years before I could repeat them to anyone else, in the meantime turning the phrase over and over in my mouth until I felt comfortable and sure enough to let the words pour out again, this time to my family…

Charlie Carverさん(@charliecarver)が投稿した写真 –

 

 

パート1〜5まで計5つに分割された長文ポストでは、「僕は常に監督、キャスティング、世間の目に中にいて役者として責任を問われていた」「俳優としてのキャリアの為、次の役を演じる為に、自身はキャンバスでありカメレオンである必要があった」と19歳の俳優デビュー以来、常に自身のプライベートをひた隠しにしていた過去を明らかにした。

 

だが彼は、俳優がクローゼットでいるべき時代は終わったと続ける。

「勇気ある俳優・女優らがカミングアウトすることにより、この業界は変化し続けている」「僕はゲイであることを誇りに思う」と語った。

 

また、双子の兄弟、俳優マックス・カーヴァーについては、「(僕はゲイだけど)マックスは、ストレートにしてはまぁイケてる奴さ」と冗談っぽく綴っている。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline