2017/01/15

ニューヨークの新地下鉄駅にて、実際のゲイカップルの壁画を設置

米・ニューヨークにて、2017年1月1日に新たに開通した地下鉄路線「セカンドアベニュー線」の「72丁目駅」にて、実際のゲイカップルを描いた壁画が設置され話題になっている。

 

 

 

 

新設された「セカンドアベニュー線」には全部で4つの駅があり、現代アーティストによる壁画が設置されている。

 

その中の一つ「72丁目駅」では、ブラジル人アーティスト、ヴィック・ムニズ氏(Vik Muniz)によるモザイク画アート「日常的に見かけそうな様々な人たち(Perfect Strangers)」が描かれており、その中の一つとしてゲイカップルの画が登場。

これは、実際のNY在住ゲイカップルPatrick KelloggさんとThor Stockmanさんだそう。

 

モデルとなった二人は、完成したアートについてこう語った。

「友人はゲイテーマのアートであることにとても喜んでくれました。しかしそれ以上に喜んだのは、描かれた絵がイケメンで痩せていないゲイ描写であるということです」

 

彼が話すように、ゲイ的なステレオタイプ(マッチョ、ハンサム、若い、オシャレ等)にとらわれない、ごくごく普通のゲイ二人を描いている点が画期的だ。

 

同アート壁画シリーズは、全部で36人の等身大の人物像が描かれており、ノーマン・ロックウェル調の温かみのある壁画がなんともNYらしい。

 

 

 

Ben Pivenさん(@benpiven)が投稿した写真

 

モザイク画のある「セカンドアベニュー線」の72丁目駅(72 Street Station)

 

 

 

danbirinoさん(@danbirino)が投稿した写真

 

 

 

Sam Doyonさん(@samdoyon)が投稿した写真

 

 

 

ぜひ、NYに行く機会がある人は「72丁目駅」に立ち寄ってみてほしい。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline