2016/01/21

中国、ユーザー数2200万人のゲイアプリ「ブルード(Blued)」がグラインダーの強敵か

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

Screen-Shot-2015-02-12-at-11.15.14

 

 

先日、世界最大手のゲイアプリ「グラインダー(Grindr)」が、中国のゲーム会社に約111億(9300万ドル)で買収され、世界のビジネス界に衝撃を与えた。

 

そんなグラインダーだが、中国産ゲイアプリ「ブルード」が、中国市場におけるグラインダーの強敵となりそうだ。

 

現在ブルードのユーザー数は2200万人。そのうち1000万人は毎日アプリを利用するヘビーユーザーだ。

2012年に警官を辞めてブルードをローンチしたGeng Le. Zang氏によると、同アプリは中国人ゲイの二人に一人が使っており、84.57%の国内市場シェアを占めているそう。

 

また、2015年に海外進出も果たし、東南アジアや台湾、ヨーロッパにおよそ500万人のユーザーがいると発表している。

 

同アプリのユーザーは、経済的に豊かで、人口が過密で、社会的に寛容なエリアである東海岸の北京、上海、広州に集中。

半分以上のユーザーが大学の学士かそれ以上の学位を有しており、彼らの年間収入の平均は、2014年の中国の平均年間収入のほぼ二倍に匹敵する約15万円(1,244ドル)である。

 

また、ブルードは昨年約36億円(3600万ドル)の資金調達を成功させ「2015年、中国で将来有望なスタートアップ100社」に選出された。

 

 

「ブルードVSグラインダー」の勝敗の行方に、ゲイ業界だけでなく世界のビジネス界から大きな注目が集まりそうだ。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「PrEP」を手頃に、安全に買う手段が増えてきた!

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

宇多田ヒカル、「ノンバイナリー」をカミングアウト!

BEAUTY

トレーニー向け、斬新なスキンケアがデビュー

CULTURE

「SATC」続編にビッグ、エイダン、スティーブ 3人の出演が決定!

BEAUTY

睡眠、健康、美容にも。世界的に話題のリラックス成分「CBD」とは?

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline