December 19th, 2018

SNSを「1日30分」に制限すると、精神的に良い影響を及ぼす

米ペンシルベニア大学の新たな研究結果によると、SNSの利用を1日30分に制限することで、精神的に良い影響を及ぼすことが明らかになった。

 

 

 

 

「Journal of Social and Clinical Psychology」に掲載された研究によると、大学生143人に対して調査が行われた。

 

学生たちは、普段使うSNS(フェイスブック、インスタグラム、スナップチャット)の利用を1日それぞれ10分、合わせて30分に制限されたグループと、今まで通りに使えるグループに分けられた。

 

3週間後、学生たちのメンタルヘルスの状態を調査。

調査した項目は、社会的支援、恐怖感、孤独感、自律性と自己肯定感、不安、落ち込み、自尊心の7つ。

 

すると1日30分に制限されたグループは「落ち込み」「孤独」の2つが大きく改善されたそうだ。

 

研究責任者のメリッサ・ハント氏は、「SNS利用を減らすことで、落ち込みと孤独の双方が大きく改善しました。結果は明らかです」と語っている。

 

もし、あなたが普段から「落ち込み」「孤独」を感じているのであれば、1日のSNS時間を制限してみてもいいかもしれない。

 

特にこのクリスマスや年末年始は、1年の中で最も孤独感を感じやすい季節であることから、SNSの中の他人のキラキラした写真はそっと閉じて、自分の好きなコトや趣味に時間を使おう。

 

関連記事 >> 最も精神的に悪影響をおよぼすSNSは「インスタグラム」

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

ゲイの間で話題沸騰?新SNSアプリ「VERO」を使ってみた

LOVE

インスタが次なる「出会い系アプリ」と化している?

LIFESTYLE

最も精神的に悪影響をおよぼすSNSは「インスタグラム」

LIFESTYLE

「孤独でシングル」な人は、肥満の人よりも早死しやすい

LGBT

「ストレートを装うゲイ」の3分の1が「女っぽいゲイ」に嫌悪感

BEAUTY

マッチョでも”まだまだ小さい…”と感じてしまう精神疾患「筋肉醜形障害」