2017/12/04

トランスジェンダー女性は、明日にでも妊娠可能?

「トランスジェンダー女性でも妊娠できる」とした、驚きの研究が発表されました。

 

アメリカ生殖学会の会長リチャード・パールソン博士は、男性から女性に性別移行したMtFトランスジェンダーに、子宮移植できると学会で発言。英インディペンデント紙ら、各国のメディアで話題になっています。

 

 

 

パールソン博士によると、子宮移植は前例があるため、それがトランスジェンダー女性であっても「子宮移植は明日にでも可能」とのことです。

 

手順としては、まず体外受精による胎児を移植し、出産は自然分娩ではなく帝王切開で取り出すそう。合わせて、妊娠した女性の体に起こる変化を似せるために、女性ホルモン注射も必要となるそうです。

 

ちなみに、過去に子宮移植で出産に成功した事例も報告されています。

2014年、生まれつき子宮を持たない36歳の女性は、60歳の友人から子宮提供を受け出産に成功。これが世界初となり、それ以降は世界中で移植された子宮から8人の子供が生まれているそうです。

 

このことから、出生時は男性のトランスジェンダー女性でも、妊娠できる可能性が十分にあるそう。今後事例が生まれそうですね。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline