2020/03/17

世界で2人目「HIVの完治」が報告

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

以前も記事で紹介したが、英ロンドン在住のHIV陽生の男性が、世界で2人目となる「HIV完治」が確認されたことがわかった。

 

ケンブリッジ大学の研究チームが、今月10日に医学誌「ランセットHIV」に掲載。

 

 

 

 

2例名の完治例となったのは、ロンドン在住の男性、アダム・カスティエホさん(40)。

 

カスティエホさんは、2003年にHIV陽性の診断を受け、12年からHIV治療(抗レトロウイルス)で治療を続けていたが、その後に悪性リンパ腫が見つかったため、16年に幹細胞移植手術をうける。

 

移植した際にHIV治療を中断していたが、中断から2年半が経過しているにも関わらず、活性ウイルスはすべて陰性だったいう。

研究チームは2年半もの経過観察を行い、この度「世界で2例目のHIV完治例」として発表した。

 

極めてレアなケース

しかし、なぜウイルスが抑えられたのか?

これは移植したドナーが、HIVに耐性をもつ変異遺伝子を持っていたためという。この遺伝子変異をもつ人の割合は欧州人で1%未満と極めて珍しい。

 

HIV完治」は素晴らしいニュースではあるが、今回のケースは極めてレアケースであり「多くの人が対象になるものではない」と、研究チームはのべている。

 

ちなみに、現在は医療の発展により、たとえ完治せずとも、早めにHIV治療(抗レトロウイルス薬)を続けていれば、ウイルス量は検出限界以下に抑えられ、事実上“HIVに感染していない人と同じ状態”が保たれる。このことをU=Uという。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

あなたの裏の顔は?「悪女度」診断

悪女たちの頂上決戦…!「ウェントワース女子刑務所」がドハマり不可避

ドラァグレース・ファン必見。クイーンだけの写真集『WHY DRAG?』が発売

ゲイカップルの「オープンリレーションシップ実態」(前編)

ちょっとのコツで一気にお洒落に。彼氏を呼びたくなる部屋づくり

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

あなたの裏の顔は?「悪女度」診断

CULTURE

ドラァグレース・ファン必見。クイーンだけの写真集『WHY DRAG?』が発売

CULTURE

悪女たちの頂上決戦…!「ウェントワース女子刑務所」がドハマり不可避

CULTURE

今年はゲイ映画が豊作!公開中のオススメ3作品を紹介

LIFESTYLE

ちょっとのコツで一気にお洒落に。彼氏を呼びたくなる部屋づくり

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline