2019/03/12

トロイ・シヴァン「LGBTQの命を救えると思った」 映画出演の想いを語る

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ゲイ矯正治療を描いた映画『ある少年の告白』に出演した歌手で俳優のトロイ・シヴァンが、映画出演にかけた想いを語った。

 

 

 

 

トロイ・シヴァンといえば、映画「ウルヴァリン」で子役デビューしたのち、YouTuberとして一躍有名に。その後は、モデル、歌手、インフルエンサーとしてミレニアル世代のアイコンとなった。

特に最近は歌手としての活躍が目覚ましく、アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフト、チャーリーXCXらホットなアーティストと続々コラボをしている。

 

そんなトロイは久々に俳優としてスクリーンに登場する。

映画『ある少年の告白』は、ゲイを治すべく行われている”矯正治療”の実態を描いたもの。

 

 

(C)2018 UNERASED FILM, INC. 

 

アメリカでは年間77,000人もの同性愛者が矯正治療やセラピーに通わされており、治療を違法とした州もあれば、現在も公然と行われてる州もある。

運営するキリスト教系団体だけでなく、裏で保守派の政治家が支援していたりと、大きな社会問題となっている。

 

トロイは映画出演の想いを「可能な限りLGBTQコミュニティの力になりたい。僕が与えられた力を最大限に生かしたい」「脚本を読んで衝撃を受けた。誰かの命を救えると確信したんだ」と語った。

 

 

(C)2018 UNERASED FILM, INC. 

 

本作のメガホンを取ったジョエル・エドガートン監督についてトロイは、監督自身はストレート男性にも関わらず、この問題に関心を持ち映画化してくれたことを、監督の過去作品名(ザ・ギフト)になぞらえて「LGBTQコミュニティへのギフトだ」と話した。

 

インタビュー動画は以下から見ることができる。

 

 

 

 

本作は、トロイ・シヴァンのほか、ゲイの映画監督で俳優のグザヴィエ・ドランも出演。

そのほか、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウといったオスカー常連俳優が脇を固める豪華なキャストも見どころの一つ。

 

『ある少年の告白』は、4月19日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline