April 4th, 2018

ゲイの伝説のスケーター、ジョン・カリーのドキュメンタリーが公開決定

平昌オリンピックで羽生選手、宇野選手がメダルを獲得したことでも記憶に新しい男子フィギュアスケート。

 

そんな男子フィギュアスケート界で”レジェンド”と称されたジョン・カリーを捉えたドキュメンタリー映画『The Ice King(原題)』が、2019年に日本公開することがわかった。

 

 

© Copyright New Black Films Skating Limited 2018

 

1976年、オリンピックにて金メダルを獲得したジョン・カリー。

「氷上のヌレエフ」と呼ばれ、バレエのメソッドを取り入れた演技で世界を魅了。その後ゲイであることをカミングアウトし大きな波紋を呼んだ。

 

ジョニー・ウィアーやアダム・リッポンなど、今でこそゲイのフィギュアスケーターは珍しくないが、70年代はゲイの偏見と差別が渦巻いていた。

 

 

© Copyright New Black Films Skating Limited 2018

 

同作品は、ゲイであることを公表し初のメダリストとなったカリーの姿や、バレエを「男らしくない」という理由で断念せざるをえなかった少年時代の父親との葛藤、プロ転向後の苦悩などを、関係者へのインタビューと映像と共につづる。

 

 

© Copyright New Black Films Skating Limited 2018

 

出演はカリーに加えて、ジョニー・ウィアー、ディック・バトン、イアン・ロレッロ、ロビン・カズンズら、男子フィギュアの元有名選手たちも参加している。

 

フィギュアスケート好きは必見のドキュメンタリーとなりそうだ。

 

『The Ice King(原題)』
2019年公開予定

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

俳優マット・ボマー、ゲイ映画のチケットを自腹で買い上げて無料配布!

ENTERTAINMENT

アナ雪の姿をしたドラァグクイーン、大雪のなか車両を救出!(動画)

LOVE

【平昌五輪】羽生結弦とハビエルの「ブロマンス」にファン熱狂

LGBT

ガス・ケンワーシーとアダム・リッポン、アンチLGBTの副大統領へメッセ

ENTERTAINMENT

少年2人の恋の行方やいかに?映画『彼の見つめる先に』予告編が公開

LGBT

男子フィギュアスケートのハビエル・ラジャ、ゲイをカミングアウト