2018/09/18

ゲイアプリの株を買う時代がくる?「グラインダー」が株式上場へ

世界シェアNo.1のゲイ出会い系アプリ「Grindr(グラインダー)」が株式上場する考えを明らかにした。

 

 

2009年にアメリカで誕生した「グラインダー」は、2016年に中国の大手ゲーム会社「北京崑崙万維科技」に2億5千万ドルで買収されている。

深セン証券取引所に提出された書類によると、同社はすぐにでも株式公開する可能性があるそうだ。

 

資料によれば、グラインダーは同社の2017年の4%の利益を占めており、過去3年間連続の黒字を達成しているそう。

株式公開後はさらなる資金調達を行い、さらなる拡大に向けて動き出す予定だ。

 

グラインダーといえば、スマートフォンのGPS機能を使った世界で初めての出会い系アプリであり、「ティンダー」などをふくめた現在のゲイ&ストレート向けの様々な出会い系アプリの元祖。

 

近年、日本ではシェアを落としているが、アメリカ、ヨーロッパ、中国、台湾などのアジア圏では圧倒的シェアを誇っており、その登録ユーザー数は世界196ヵ国で2億7千万人(2017年時点)と、他のゲイアプリとは桁違いの規模。

 

グラインダーの上場により、近い将来、ゲイアプリの株を買える日がくるかもしれない。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline