2016/05/02

自分が「ゲイであることに気づいた瞬間」まとめ集

ゲイと気付いた瞬間とは?

Photo via : Jude & Connor, The Fosters

 

ストレートの人たちは「自分がストレートであることに気づく瞬間」がない。幼少期から思春期に入り、惹かれると思っていた相手に惹かれるだけだ。

 

しかし、多くのゲイには『自分がゲイであると気づく瞬間』がある。そこで、ユーザー投稿型アプリ「Whisper」に寄せられた、ゲイ達が「自分がゲイだと気づいた瞬間」を翻訳して紹介したい。

 

 

 

「AVを見るときに、女性ではなくいつも男性を見ていた」

 

 

 

「学校で、女子生徒の着替えよりも男子生徒の着替えに興味があった」

 

 

 

「レディ・ガガが死ぬほど好きだと気付いた時。性的に好きというわけではなく、最高に完璧なアーティストだと思った」

 

 

 

「6歳の時、筋肉質な男の人に抱えられて、勃った(笑)」

 

 

 

「半裸のイケメン俳優が表紙の雑誌を大切に保管してた時」

 

 

 

「親友(男)が、『好きな女の子のタイプは?』って、寄り添っている時に聞いてきた時」

 

 

 

「男の割れた腹筋を見た時。今まで感じたことがない気持ちになった」

 

 

 

「6歳の時、ディズニー映画「ヘラクレス」を見て「くそかっこいい…!」と思った時」

 

 

 

「小学6年生の時の夏季合宿で、友達とお風呂に入ってジロジロ見ずにはいられなかった時」

 

 

 

「僕は好きだった女の子にいつもフラれてた。もしかすると彼女たちは、僕がゲイであることを本能的に察していたかもね」

 

 

 

「バスケのユニフォームを着ている男はエロいと感じて当たり前だと思っていたのに、それが当たり前じゃないと気付いた時」

 

 

 

「友達に「この女の子可愛くない?」と聞かれて、何も答えずに隣の男の子に目が釘付けになっていた時」

 

 

いかがだっただろうか?ゲイの読者には、当てはまる経験や似たような経験が多かったのではないだろうか。

 

via : Queerty.com

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが苦手なウケに贈る「アナルセックス」で気持ちよくなる方法

LGBT

LGBTプライドの発祥「ストーンウォールの反乱」とは?今こそ知りたいプライドの歴史

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

梅雨時期もアクティブに遊ぶ!6月のお出かけガイド

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline