2019/05/31

あなたの知らない「ル・ポールのドラァグレース」8つの真実

 

 

全世界を熱狂の渦に巻き込んでいる「ル・ポールのドラァグレース」(以下ドラァグレース)。

現在シーズン11が佳境を迎えているが、番組で語られることないドラァグレースの8つの真実を紹介していこう。

 

※この記事はシーズン10以下を観ていない人にはネタバレの可能性があります※

 

①フィナーレは複数パターン撮影している

トップ4によるフィナーレは、その場で優勝が決まるわけではない。

実は、全員分の優勝シーンをカメラに収めており、それぞれが優勝した風にランウェイを歩くシーンが撮影されるだけだ。

 

そのため、優勝したクイーンもTV放送されて初めて自分が優勝したことを知ることになる!

例えば、シーズン7の王者ヴァイオレット・チャチキが、優勝したことを知るリアクション動画はこちら。

 

 

この投稿をInstagramで見る

RuPaul’s Drag Raceさん(@rupaulsdragrace_8)がシェアした投稿

 

 

これは、実際に撮影されてからTV放送するまで数ヶ月間を要するため、ファイナルを観に来た観客からのネタバレを防ぐ目的で行われている。

 

②メインステージは2回撮影されている

 

 

 

 

メインステージのランウェイは一発勝負ではなく、実は2回撮影されている。

1度目は音楽ありでランウェイし、2度目は音楽なしで審査員のコメント付きで撮影しているそう。その2つを編集して放送している。

 

審査員たちによるユーモアたっぷりのコメントが必須なため、このように2度ランウェイが行われているようだ。

 

③リップシンクの全曲リストを渡される

全クイーンは、シーズンのはじめにリップシンクが予定されている楽曲がすべて入ったiPodを渡される。ただし、どの曲がリップシンクになるかは前日にしか告知されない。

 

また、ランウェイの衣装課題においても撮影期間が始まる前にある程度告知されているという。

クイーンたちがクオリティの低い衣装で登場した際、審査員に「なんでベストを尽くさないのか?(もっと入念に準備できたハズなのに)」と責められる理由はそこにある。

 

④クイーンたちはホテルの部屋に閉じ込められる

ドラァグレースの1シーズンの撮影期間は約4週間。

出場しているクイーンたちは、その日の撮影が終わると即ホテルの部屋に閉じ込められ、外部の人間や他のクイーンと接触しないように24時間セキュリティが見張っているそうだ。

 

そして撮影期間中はスマホも没収され、外部と連絡手段を一切断たれる。

これはシーズン4に出演したウィラムが、ホテルから抜け出したり外部に情報をリークしたりと、スキャンダルを起こしたことが原因といわれている。

 

 

ウィラム

 

⑤最年少の優勝者とは?

栄えある「アメリカンズ・ネクスト・ドラァグ・スーパースター」を獲得した最年少クイーンは、タイラ・サンチェスとアクエリアの2人。ともに21歳で優勝しており最年少記録タイ。

 

ちなみに最年長クイーンは、当時52歳で出演したシーズン9のチャーリー・ハイズだ。

 

⑥一度もリップシンクせずに勝ったクイーンがいる

 

 

 

ファイナル以外で、一度もボトム2にならず、一度もリップシンクせずに優勝したクイーンは5人いる。

タイラ・サンチェス、ビアンカ・デル・リオ、ヴァイオレット・チャチキ、サーシャ・ベロア、アクエリアだ。

 

また、優勝こそ逃したものの、一度もリップシンクすることなくTOP3になったクイーンは、ニーナ・フラワーズ、アラスカ、コートニー・アクト、キム・チーの4人だ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

絶品でフォトジェニックな”上陸系”グルメバーガー

夏休みはアート巡りをしよう!注目の展覧会7選

「ル・ポールのドラァグレース」のイギリス版、10月からスタート!

男ふたりのデートガイド in 新宿

毛穴レスを目指せ!夏の毛穴ケアコスメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

パンツにもっと"自分らしさ"を 「W-MAGIC」が放つ個性派パンツの魅力

LOVE

編集部セレクト「真夏のハッテンポーチ」

BEAUTY

将来の肌のために…今年は焼かない!メンズ向け日焼け止めガイド

LIFESTYLE

夏は「夜デート」を狙うべし。涼しくて快適な夜デートスポット

ENTERTAINMENT

夏休みはアート巡りをしよう!注目の展覧会7選

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline