2017/10/19

シャーリーズ・セロンがレズビアン役に!?話題のアクション映画『アトミック・ブロンド』

オスカー女優シャーリーズ・セロン主演のアクション映画『アトミック・ブロンド』が、10月20日(金)より日本公開される。

 

女スパイのキレキレのアクション映画だが、その劇中で、セロンのレズビアンシーンがあらわになり話題を呼んでいる。

 

 

© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

 

『アトミック・ブロンド』は、英国最高のエージェント、ロレイン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)が、かつて関係のあったエージェントの死の謎を追うべく、同じくスパイのデイビッド(ジェームズ・マカヴォイ)と手を組んで、危険な戦いへ身を投じていく――というストーリー。

 

以下、予告編をチェック。

 

 

 

キレキレのアクションシーンもさることながら、レズビアン的キス&セックスシーンが登場。

 

セロンの相手役はスパイ映画『キングスマン』のガゼル役でおなじみの女優ソフィア・ブテラだ。向かう所敵なしのハンサム女主人公と敵役 (?) のブテラとの過激なレズビアンシーンは映画の見所の一つ。

 

以下はキスシーンだけを切り取った予告編。

 

 

 

 

シャーリーズ・セロンといえば、2003年の映画『モンスター』にて、実在したレズビアンの連続殺人犯を演じ、見事アカデミー賞の主演女優賞に輝いていた。

 

今回、セロンがレズビアンであるかというキャラ設定は明らかにされていないが、女性同士のラブシーンは『モンスター』以来14年ぶりとなる。

 

映画『アトミック・ブロンド』は、10月20日(金)より全国ロードショー。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「田舎ゲイあるある」9選

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

台湾、同性婚が正式に閣議決定。アジア初の同性婚可能国に!

ENTERTAINMENT

田亀源五郎による「日本のゲイ・エロティック・アート」を振り返る展覧会

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline