2019/06/24

茨城県で「同性パートナーシップ制度」 都道府県では全国初

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

茨城県にて、7月1日より「同性パートナーシップ制度」を導入することがわかった。都道府県としては全国初の取り組みとなる。

 

 

 

 

茨城県大井川和彦知事は24日、同性カップルに証明書類を発行する「パートナーシップ宣誓制度」を7月1日から導入すると発表した。

 

大井川知事は会見を開き「なるべく早く実施した方がメリットが大きい。性的マイノリティのおかれている深刻な状況をかんがみれば、一刻の猶予もするべきではないと判断して可及的すみやかに実施したい」と語った。

 

自民党は反対するも知事が決断

同制度をめぐっては、同県議会の自民党が反対を表明したが、知事は導入を決断。

そのため、今回は「条例」ではなく、議会の同意なしに知事が独断できる「要綱」として導入するとした。

これは、多くの自治体で導入されている「要綱」とほぼ同一。

 

「宣誓書」を提出した同性カップルに県が「受領証」を交付し婚姻同等のパートナーと認めることで、県営住宅への入居申請の受付けができたり、病院などでの面会・手術同意などで家族と同等の扱いが認められる。

 

「同性パートナーシップ制度」は全国20の市区町村で導入されているが、都道府県レベルでは今回の茨城県が初となる。

 

関連記事|「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline