2019/06/05

LGBT映画の祭典『レインボー・リール東京』 日本未上陸を含む16作品を上映へ

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

国内最大のLGBT映画を集めた映画祭「第28回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」が7月に東京・表参道の2会場にて、計6日間にわたり開催される。

 

 

 

 

毎年、世界中から集めたレアなLGBT映画を上映することで知られており、今年は全12プログラム16作品を上映。うち1作品が世界初、10作品が日本初上陸作品となる。

 

目玉作品の一つは、世界初上映となる『クィア・ジャパン』。

アメリカ人監督のグレアム・コルビーンズが3年をかけて日本のLGBTQ+カルチャーを取材した骨太な作品で、ゲイ漫画家の田亀源五郎や、『Badi』『G-men』を創刊した長谷川博史など、日本を代表するアクティビストが多数出演する。

 

 

『クィア・ジャパン』

 

そのほかの話題作といえば、男娼の青年の恋を描く『ソバージュ』や、LGBTQ×スポーツに着目した『マリオ』、LGBTQ×軍隊の問題に鋭く切り込んだ『カナリア』『トランスミリタリ ー』などだ。

 

 

『ソバージュ』

 

『マリオ』

 

これらの作品には、現代社会が抱える問題や関心事が色濃く反映されており、そこに生きるセクシュアル・マイノリティの姿を赤裸々に描いている。

 

映画祭だけのスペシャルなトークイベントも

映画祭では、多彩なゲストを迎えたトークイベントも見逃せない。

 

例えば、韓国映画『花咲く季節が来るまで』ではキム・ジュンシク監督が来日トークイベントを行い、『マリオ』では、先日レズビアンを公表したサッカー選手・下山田 志帆氏らを招いて、LGBTQ×スポーツをテーマにトークイベント。

 

また、『クィア・ジャパン』『アスリート~俺が彼に溺れた日々~』でも、キャストや監督による舞台挨拶を予定している。

 

 

『アスリート~俺が彼に溺れた日々~』

 

同映画祭は、東京・表参道の「東京ウィメンズプラザホール」にて2019年7月5日(金)~6日(土)の3日間でスタート。

次の週には、表参道の「スパイラルホール」に会場を移し、7月12日(金)~15 日(月・祝)の日程で開催。合計2会場・計6日間にわたり開催される。

 

毎年、人気作品はソールドアウトになるため、ぜひ観たい作品は前売りチケットを買って訪れてほしい。(当日券は鬼のように混むので、前売りが断然オススメ)

 

第28回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~
・7月5日(金)~6日(土) @東京ウィメンズプラザホール
・7月12日(金)~15 日(月・祝) @スパイラルホール
チケット情報などは公式サイトをチェック

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline