2019/06/06

フィリピン大統領「昔はゲイだったが”治した”」発言が物議をかもす

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、先日の来日の際に「自分はかつてゲイだったが”治した”」と発言し、物議をかもしている。

 

 

Photo via : philstar.com

 

5月30日のスピーチにて、ドゥテルテ大統領は、「(元妻の)ジマーマンとの関係を始めて、そうだこうでなければと思った。私は再び男になったんだ」「トリリャネスと私は似た者同士だが、私は自分で(ゲイを)治した」と発言。

 

トリリャネスとは、ドゥテルテ大統領の宿敵とされる議員。ドゥテルテ大統領は同氏のことを「カラダの動きがゲイっぽい」と揶揄していた。

 

つまり、元妻と結婚するまでは(トリリャネス氏と同様に)ゲイだったが、結婚したら「治った」という発言。

 

この発言に対して、米LGBTメディアやネット上で非難の声が相次いだ。

 

以前より、大統領はアンチLGBTとして知られている。

例えば、以前アメリカの同性婚合法のニュースを受けた際に、「男にも女にもなれるからジェンダーはないというのはアメリカの文化だ。我々には当てはまらない」

 

「我々はカトリックで、結婚できるのは異性のみと民法で定めている。これがフィリピンの法律で、なぜ(多種多様な)ジェンダーを受け入れなければならないのか?」と、否定的な意見を語っていた。

 

フィリピンといえば、同国のスターでボクシング世界チャンピオンのマニー・パッキャオが発言した「同性カップルは動物以下」「ゲイは死ぬべき」の発言から分かるとおり、国民のほとんどが敬虔なカトリック教徒なため、差別的発言を行う人物が後を絶たない。

 

関連記事|ナイキ、パッキャオの同性愛差別発言をうけ契約解除へ

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

夏休みはアート巡りをしよう!注目の展覧会7選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

パンツにもっと"自分らしさ"を 「W-MAGIC」が放つ個性派パンツの魅力

LOVE

編集部セレクト「真夏のハッテンポーチ」

BEAUTY

将来の肌のために…今年は焼かない!メンズ向け日焼け止めガイド

LIFESTYLE

夏は「夜デート」を狙うべし。涼しくて快適な夜デートスポット

ENTERTAINMENT

夏休みはアート巡りをしよう!注目の展覧会7選

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline