2016/07/22

楽天、同性パートナーを配偶者と認める。社内規定を改定へ

rakuten

ネット通販大手「楽天」が、7月22日、社内規定上の配偶者の定義を改定し、同性パートナーも配偶者と認めることを発表した。各紙が一斉に報じている。

 

以前の配偶者定義は、「日本の法律で認められる婚姻証明に基づいて」としていたが、今回新しく同性パートナーも、申請をすれば配偶者として認められることとなった。

 

具体的には、同性パートナーとの結婚や葬儀にかかわる休暇が認められたり、見舞金などの福利厚生が受けられるようになる。

 

楽天では、グローバルに事業を展開しており、ダイバーシティを推進する一環として今回の改定に踏み切った。また同件は、社内のLGBTネットワーク内の当事者従業員の声がキッカケとしている。

 

同性パートナーへ配偶者を広げた例といえば、今年4月のパナソニックが記憶に新しい。今後はさらに多くの企業に拡大しそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

アナルセックスに最適なローションとは?編集部が徹底比較

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが苦手なウケに贈る「アナルセックス」で気持ちよくなる方法

LGBT

LGBTプライドの発祥「ストーンウォールの反乱」とは?今こそ知りたいプライドの歴史

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

梅雨時期もアクティブに遊ぶ!6月のお出かけガイド

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline