August 22nd, 2018

レズビアンの母と娘をつづった台湾映画、上映会&トークショーが開催

台湾発、レズビアンの母を18年もの間記録したドキュメンタリー映画『日常對話(日常対話)~母と私~』が、8月26日(日)に上映会&トークイベントを開催する。

場所は東京・東中野の「Space&Cafe ポレポレ坐」だ。

 

 

 

 

日常對話(日常対話)~母と私~』は、先日NHK BSにて放送されたドキュメンタリー作品。その際はダイジェスト版だったが、今回は本編が上映される。

 

同作は、台湾人監督・黃惠偵(ホワン・ホェイチェン)が自身の母親にレンズを向け、家族にまつわる「日常会話」(雑談)を捉えたドキュメンタリー映画。

監督が制作を開始したのは1998年で、なんと完成に18年の歳月を要している!

 

STORY

母親はレズビアンと自覚しながらも男性と結婚。

しかし夫からのDV被害にあい、2人の娘を連れて家を出た。

母親は娘に自身の心の内をさらけだすことが苦手であり、また娘も母親からうける愛情に疑念をいだいていた。

一緒に暮らしながらも感情の交流をしてこなかった母娘。

そんな二人は撮影を通じて向き合い、遠ざかった心の距離を近づけていく。

たわいもない話から、母親の親戚や歴代恋人にまで話が広がり、娘の前とは違った母親の新たな一面が垣間見れる。

 

*英語字幕/予告編

 

 

 

アジア初の同性婚可能国として、LGBTに最も寛容といわれる台湾だが、実際に起きている現実は報道と異なった側面がある。

本作は、母と娘の「スモール・トーク(雑談)」を通して、LGBTの人を身内にもつ家族の複雑な心境を生々と描き出すーー。

 

台湾映画初の快挙!ベルリン映画祭でテディ賞を受賞

本作は、世界三大映画祭「ベルリン国際映画祭」のLGBT映画部門・テディ賞にて、ドキュメンタリー賞を獲得した作品。しかも台湾映画としては史上初めての快挙だそう!

 

そんな気になる日常對話(日常対話)~母と私~』は、8月26日(日)に一夜限りに上映会&トークイベントを開催。

当日は、映画上映+アジアの女性アーティストによる作品展示+参加型のアフタートークの3つのプログラムとなっている。

 

映画を観た後は、日本のLGBTをとりまく社会問題と照らし合わせたアフタートークにもぜひ参加してみてはどうだろう。詳細はイベントの公式フェイスブックにて。

 

開催日時:2018826日(日)17:0021:00
会場Space&Cafe ポレポレ坐
164‑0003 東京都中野区東中野4‑4‑1 ポレポレ坐ビル1F
最寄駅:総武線/都営大江戸線 東中野駅
参加費:2000円(税込)
別途:1ドリンク500円(税込)

 

■当日のタイムスケジュール
17:00 開場(展示作品をご鑑賞ください)
18:00 映画上映開始(90) 
19:30 映画終了(休憩10) 
19:40 アフタートーク(哲学カフェ)開始 
21:00 アフタートーク(哲学カフェ)終了
■チケットはこちらから予約できる。
*入場料及びドリンク代は当日現金で支払い。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

「近親愛」を描く、台湾×日本のゲイテーマの舞台。東京で上演

ENTERTAINMENT

レズビアンの元テニス世界王者を描いた『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』待

ENTERTAINMENT

台湾発のボーイズラブドラマ、3作品が劇場版として日本公開

LGBT

Jay-Z「俺の母親はレズビアン」、新曲にてカミングアウト

LGBT

初のレズビアンの首相が誕生へ、セルビアにて

FASHION

ゲイの父、レズビアンの母に育てられたスーパーモデル