アナルに60cmのディルドを入れ抜けなくなった男性、病院へ運ばれる

September 10th, 2018

イタリアにて、約60cm(23インチ)のディルドをアナルに入れた男性が、病院へ運ばれるニュースがあった。英ニュースサイトPink Newsが報じた。

 

 

 

 

イタリア・ミラノ在住の31歳の男性は、約60cmのディルドをアナルに挿入し、24時間もの間抜け出すことができなくなる。男性は激しい腹痛におそわれ病院へ運ばれた。

 

ちなみに、人の直腸の長さは平均20cmほどなので、約60cmのディルドを入れるとなると直腸の先にあるS状結腸に到達し、腸を完璧に塞いでしまうことになる。。

 

搬送先の病院で医師たちは、さまざまな方法でディルドを取り出すことを試みるものの、ディルドの表面がツルツルしていることや、その大きすぎるサイズ感から取り出すことは困難を極めた。

 

そこで医師らは、ガイドワイヤー(血管に入れる医療用の針金)で輪縄をつくり、無事に直腸内からディルドを取り出すことに成功!

 

*画像はイメージです

 

手術は無事に終了。

ディルドを取り出したあとは直腸内の損傷はすくなく、男性はその日に家に帰れるほど回復したそうだ。めでたしめでたし。

 

以前紹介した「モンスター級の巨根をフェラして気道破裂したゲイ男性」のように、無茶なセックス(またはオナニー)を行うことで病院へ搬送されるケースも少なくない。

 

セックスは安全に楽しく。ディルドはアナルに合ったサイズを挿入しよう!

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

“アナル舐め”に注意!ゲイの間で「A型肝炎」が流行中

LOVE

知ってるようで知らない、ゲイの為の『正しいアナルセックス・ガイド』

LOVE

モンスター級の”モノ”をくわえて気道破裂。ゲイ男性が救急室に運ばれる

LOVE

世界一大きいペニスを持つ男性、身体障害と認定

LOVE

ペニス増大手術で男性死亡。スウェーデンにて

LOVE

セックス中、相手の精子が目に入ったらどうする!?