2018/09/10

アナルに60cmのディルドを入れ抜けなくなった男性、病院へ運ばれる

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

イタリアにて、約60cm(23インチ)のディルドをアナルに入れた男性が、病院へ運ばれるニュースがあった。英ニュースサイトPink Newsが報じた。

 

 

 

 

イタリア・ミラノ在住の31歳の男性は、約60cmのディルドをアナルに挿入し、24時間もの間抜け出すことができなくなる。男性は激しい腹痛におそわれ病院へ運ばれた。

 

ちなみに、人の直腸の長さは平均20cmほどなので、約60cmのディルドを入れるとなると直腸の先にあるS状結腸に到達し、腸を完璧に塞いでしまうことになる。。

 

搬送先の病院で医師たちは、さまざまな方法でディルドを取り出すことを試みるものの、ディルドの表面がツルツルしていることや、その大きすぎるサイズ感から取り出すことは困難を極めた。

 

そこで医師らは、ガイドワイヤー(血管に入れる医療用の針金)で輪縄をつくり、無事に直腸内からディルドを取り出すことに成功!

 

*画像はイメージです

 

手術は無事に終了。

ディルドを取り出したあとは直腸内の損傷はすくなく、男性はその日に家に帰れるほど回復したそうだ。めでたしめでたし。

 

以前紹介した「モンスター級の巨根をフェラして気道破裂したゲイ男性」のように、無茶なセックス(またはオナニー)を行うことで病院へ搬送されるケースも少なくない。

 

セックスは安全に楽しく。ディルドはアナルに合ったサイズを挿入しよう!

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「HIV検査」は 令和のスタンダード

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

職場での「ホモネタ」が法律で禁止に

LOVE

6月は「HIV検査週間」 この機会にHIV検査をしよう!

LOVE

いまさら聞けない「シャワ浣」パーフェクトガイド

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LOVE

日本と世界の「PrEP」最新事情とは?医師が徹底解説

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline