2017/04/08

LGBTフレンドリーな大学は「性的暴行被害」が少ない(調査結果)

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

学術誌「ジャーナル・オブ・インターパーソナル・バイオレンス」が、「LGBTフレンドリーな大学ほど、性的暴行被害者を生みにくい」という最新の調査結果を掲載。ロイターが報じた。

 

調査論文を執筆した米ピッツバーグ大学ロバート・コルター研究員は、調査について「環境が性的暴行にどのような影響を与えるかを示す結果になった」と語る。

 

調査によると、現在アメリカの大学生のおよそ2%〜15%が性的暴行の被害に遭っているという。

 

しかし、LGBTが受け入れられているとされる大学では、そうでない大学の学生よりも、性的暴行被害に逢う学生数が27%も低いことがわかった。

 

さらに、LGBTに対する嫌がらせを見たことがないとされる大学では、学生が性的暴行被害に逢う確率が32%も低いことも明らかとなった。

 

一方で、同調査に携わった研究員たちは、「トランスジェンダーの人たちのように、あるグループに属する人たちは、他の人たちに比べて性的暴行被害に逢うリスクが高い」ことも指摘している。

調査では、5.2%のLGBTである学生が、過去に性的暴行被害にあっていることがわかっている。

 

「LGBTの人たちは性的暴行被害に遭いやすい。そのリスクを減らす解決策を見つける必要がある」とコルター研究員は述べている。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline