2017/04/08

LGBTフレンドリーな大学は「性的暴行被害」が少ない(調査結果)

 

 

学術誌「ジャーナル・オブ・インターパーソナル・バイオレンス」が、「LGBTフレンドリーな大学ほど、性的暴行被害者を生みにくい」という最新の調査結果を掲載。ロイターが報じた。

 

調査論文を執筆した米ピッツバーグ大学ロバート・コルター研究員は、調査について「環境が性的暴行にどのような影響を与えるかを示す結果になった」と語る。

 

調査によると、現在アメリカの大学生のおよそ2%〜15%が性的暴行の被害に遭っているという。

 

しかし、LGBTが受け入れられているとされる大学では、そうでない大学の学生よりも、性的暴行被害に逢う学生数が27%も低いことがわかった。

 

さらに、LGBTに対する嫌がらせを見たことがないとされる大学では、学生が性的暴行被害に逢う確率が32%も低いことも明らかとなった。

 

一方で、同調査に携わった研究員たちは、「トランスジェンダーの人たちのように、あるグループに属する人たちは、他の人たちに比べて性的暴行被害に逢うリスクが高い」ことも指摘している。

調査では、5.2%のLGBTである学生が、過去に性的暴行被害にあっていることがわかっている。

 

「LGBTの人たちは性的暴行被害に遭いやすい。そのリスクを減らす解決策を見つける必要がある」とコルター研究員は述べている。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「田舎ゲイあるある」9選

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

台湾、同性婚が正式に閣議決定。アジア初の同性婚可能国に!

ENTERTAINMENT

田亀源五郎による「日本のゲイ・エロティック・アート」を振り返る展覧会

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline