September 18th, 2018

ゲイ映画『君の名前で僕を呼んで』、続編はほぼ確実?

映画『君の名前で僕を呼んで』続編の可能性について、主演のアーミー・ハマーが「実現する」と発言し話題を呼んでいる。

 

『君の名前で僕を呼んで』は、日本でも公開され話題を呼んだゲイ映画。

オープンリーゲイの監督ルカ・グァダニーノがメガホンを取り、イケメン俳優のアーミー・ハマーとティモシー・シャラメがゲイ役を演じ、見事アカデミー賞・脚色賞を受賞した作品。

 

 

 

 

グァダニーノ監督は「2020年には続編を作りたいと思っている」と語っていたが、今年9月にアーミー・ハマーもTVインタビューにて「続編は実現するさ。もうそれに取り掛かっているし、実現させようとするひとたちがいるのだから」と語った。

 

以前、グァダニーノ監督が語っていた続編の構想は、劇中のオリヴァーとエリオの20年後を描きたいと話していた。

ちなみに原作は1987年の設定だが、エイズ流行をさけた1983年に設定をずらしている。そのため2作目では、エイズ問題を盛り込むことも検討しているそう。

 

 

 

 

二人の発言から、続編の可能性はほぼ確実だろう。

 

1作目は北イタリアの穏やかでロマンティックな雰囲気が持ち味だったが、続編ではかなり踏み込んだ内容(成熟した2人の濡れ場もあるかも…?)になりそうなので、かなり期待して待ちたいところだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

米で大ヒット!悩めるゲイ少年を描いた映画『LOVE, サイモン』ネット

ENTERTAINMENT

ゲイ映画『伯林漂流』国内初上映。脚本は田亀源五郎

ENTERTAINMENT

「近親愛」を描く、台湾×日本のゲイテーマの舞台。東京で上演

ENTERTAINMENT

トランス映画『ナチュラル・ウーマン』&ゲイ映画『君の名前で僕を呼んで』

ENTERTAINMENT

ゲイ映画が2年連続アカデミー賞を獲るかも!?映画『君の名前で僕を呼んで

ENTERTAINMENT

『ムーンライト』は名作ゲイ映画『ブエノスアイレス』のオマージュ作品だっ