2018/09/18

ゲイ映画『君の名前で僕を呼んで』、続編はほぼ確実?

映画『君の名前で僕を呼んで』続編の可能性について、主演のアーミー・ハマーが「実現する」と発言し話題を呼んでいる。

 

『君の名前で僕を呼んで』は、日本でも公開され話題を呼んだゲイ映画。

オープンリーゲイの監督ルカ・グァダニーノがメガホンを取り、イケメン俳優のアーミー・ハマーとティモシー・シャラメがゲイ役を演じ、見事アカデミー賞・脚色賞を受賞した作品。

 

 

 

 

グァダニーノ監督は「2020年には続編を作りたいと思っている」と語っていたが、今年9月にアーミー・ハマーもTVインタビューにて「続編は実現するさ。もうそれに取り掛かっているし、実現させようとするひとたちがいるのだから」と語った。

 

以前、グァダニーノ監督が語っていた続編の構想は、劇中のオリヴァーとエリオの20年後を描きたいと話していた。

ちなみに原作は1987年の設定だが、エイズ流行をさけた1983年に設定をずらしている。そのため2作目では、エイズ問題を盛り込むことも検討しているそう。

 

 

 

 

二人の発言から、続編の可能性はほぼ確実だろう。

 

1作目は北イタリアの穏やかでロマンティックな雰囲気が持ち味だったが、続編ではかなり踏み込んだ内容(成熟した2人の濡れ場もあるかも…?)になりそうなので、かなり期待して待ちたいところだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline